2006年11月09日10時47分のアサヒ・コム
		アサヒ・コムBOOK

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbeどらく

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  BOOK > 著者に会いたい記事

著者に会いたい

狛犬かがみ―A Complete Guide to Komainu たくきよしみつさん

[掲載]2006年11月05日
[文・写真]木元俊宏

写真

たくきよしみつさん(51)

■心くすぐる、けなげな姿

 神社の参道や本殿前で、時にいかめしく、あるいは愛嬌(あいきょう)のある顔で私たちを迎えてくれる狛犬(こまいぬ)。その魅力を一冊に詰め込んだ。

 さまざまなタイプの狛犬をとらえた400点を超すカラー写真と、「狛犬の元は獅子像である。つまり、スフィンクスは狛犬の祖先だ」といった歴史や基礎知識の解説が、英文と併記で収められている。

 著者のたくきよしみつさんは、CMやミュージカル音楽の作曲家で、『マリアの父親』で小説すばる新人賞を受賞した作家でもある。IT(情報技術)やデジカメ撮影術にも詳しく、その方面の著作も多い。

 そんなたくきさんが狛犬に魅せられたのは20代半ばの頃。ニューミュージックのデュオを組み、大手音楽会社からデビューを果たす。だが、様々な事情からデュオは解散。準備していたアルバムは出せなかった。

 「失意の中、傷心を抱えて」奥さんと貧乏旅行に。ふと訪れた山梨県の神社で、木製の狛犬に出会った。「むくむくとした、かわいいタイプ。軒下で半分雨ざらしになっていた」。心をくすぐられた。以来、神社を訪れては狛犬を撮り続ける。

 台座に刻まれた作者や年代をメモするうち「ドラマ」もいろいろ見えてきた。「例えば、この石工さんは10年たってうまくなったなあ、なんてことが分かるんです」。90年代半ばからは、やはり狛犬好きで知られる三遊亭円丈さん主宰の「日本参道狛犬研究会」にも参加。

 「仏像と違い、狛犬には誰も手を合わさない。芸術作品として認められもしない。文句も言わず雨風に打たれ、ただの石に戻って行く。けなげなんですよ、狛犬って」

 刊行後、「狛犬たちに心癒やされました」といった読者からのメールが届いているそうだ。


ここから広告です
広告終わり

関連情報

書籍詳細

表紙画像

狛犬かがみ—A Complete Guide to Komainu

  • 著者: たくき よしみつ
  • 出版社: バナナブックス
  • ISBN: 4902930048
  • 価格: ¥ 1,700

別ウインドウで開きますこの本を購入する ヘルプ

書籍詳細

表紙画像

マリアの父親

  • 著者: たくき よしみつ
  • 出版社: 集英社
  • ISBN: 4087728331
  • 価格: ¥ 1,121

別ウインドウで開きますこの本を購入する ヘルプ

powered by amazon.co.jp

 
ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.