発達障害の自分の育て方 [著]岩本友規

[文]朝日新聞社広告局  [掲載]2015年12月24日

表紙画像 著者:岩本 友規  出版社:主婦の友社

■転職4回、電話番もできなかった「発達障害」社員の成功体験

 特筆すべきは、発達障害ゆえに失敗した体験を著者自らが分析し、その処方箋(せん)を実践しやすいマニュアルの形で提案している点である。最初は著者も自覚がなかった。しかし仕事のミスは多いし、物覚えが悪く、コミュニケーション下手。ストレスが高じ、休職を余儀なくされ、アスペルガー・ADHDと診断される。その後、精神障害者として障害者手帳を取得し、障害者雇用枠で職を得た。そんな道のりを前半で率直に語っている。ところが、そんな状態から見事に立ち直り、勤務先ではデータ分析の業績が評価されて、個人優秀賞を受賞した。
 なぜ自立する力、行動する力を獲得できたのか、その秘密が後半の実践マニュアルで明らかになる。まず、改善に向けた行動の前提としてすべきこと、二つ目に「自立」の獲得の仕方、そして「天職」の発見に至る方法がエピソードを交えながら紹介される。発達障害で人知れず苦労している社会人は多いと思われる。「必ず、いまとは別人になった自分に出会えるはず」という著者の言葉が心強い。また、発達障害のみならず、仕事がうまくいかずに悩んでいる人にも役立つノウハウだろう。

この記事に関する関連書籍


BOOK TIMES (広告特集)トップページ

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ