こんなふうに生きればいいにゃん―心療内科医がネコから教わった生き方のコツ [著]海原純子

2016年11月24日

どんな環境でも自由に生きるネコたちに教わった人生のコツ

 心療内科医として多方面で活躍する著者は、ネコと暮らしてもう30年以上。今では、ネコのいない生活なんて考えられないほどのネコ好きだ。飼い主に忠実な犬と違い、ネコは自分の好きなことしかせず、その自由でありのままに生きる姿が心地よいのだという。本書では、そんなネコたちとの暮らしから学んだ50の生きる知恵を、心療内科医としての経験も盛り込みながら、可愛らしいネコの写真と共に紹介する。
 例えば「徒党は組まず、我が道を行く」とか「香り、風の気配、目に見えないものが大事」といったネコの特性や様子から、ストレスフルな社会でも、肩の力を抜いて自分らしく生きるコツを見いだすこと。そして、ネコのようにしなやかに体を緩めることで、硬くなった心を柔らかくし、ネコが高いところに上るように、たまには物事を違う視点で見てみようと提案する。霊感の強い人が、ネコを飼った途端に家の怪異がおさまった、あるいはうつ状態の人が、ネコを飼って元気を取り戻したといったエピソードの数々も登場。ネコに癒やされ、ネコに学べば、生きることがもっと楽になると説く。

関連記事

ページトップへ戻る