新 男の子を伸ばす母親は、ここが違う! [著]松永暢史

2016年12月28日

変わる大学受験に向けて男の子を勝ち組にするために

 本書はこれまで約33万部のロングセラーを記録した同名の内容を一新し、今の時代に母親が知っておくべき「知恵と情報」を説いている。ITをはじめ近年の変化は急激というだけでなく、かつての子育ての常識や考え方さえも問われるような真っただ中に私たちは生きている。それだけに著者は誤解を恐れず、男女の子育ては決して同じではないと断言する。つまり男の子は生まれたときから「チョロチョロ動き回る」ようにプログラムされている、とも。
 そんな男の子が、創造力や行動力、知性などを様々な経験をしながら伸ばしていく必要性を説く。一方で、「高大接続システム改革会議」の最終報告が示す2020年に向けての入試制度の激変についていくためには、「豊かな発想力」を育まねばならず、要は「どれだけオモロイことをしてきたか」が問われるという。本書には実際の試験問題例と解説も掲載されている。バーチャルな体験よりも「ナマの体験」、ガミガミ叱るよりも何となく冷たくあしらうこと、主体性は学校ではなく家庭で育むものなど、子育てに参考となる考え方が詰まっている。

関連記事

ページトップへ戻る