基礎から学ぶ 紅茶のすべて―美味しくするテクニックから歴史や産地の話まで [著]磯淵猛

2016年12月28日

紅茶のおいしさと楽しみ方魅力のすべてを網羅した一冊

 ソフトドリンク「午後の紅茶」のプロデュースで知られる紅茶研究家が、紅茶の基礎から楽しみ方まで網羅した、まさに紅茶のバイブルというべき一冊である。産地や歴史、茶葉の種類、製造方法、等級などの基本情報はもちろん、購入時の注意点や保存方法、淹(い)れる際の道具、そして、紅茶の味を左右するという淹れ方については、ブラックティーのほかミルクを入れる場合、チャイ、アイスティーまで詳しく解説。さらにフルーツやスパイス、ハーブなどを加えたバリエーションの作り方と注意点まで紹介している。ポットの中で茶葉が浮き沈みする「ジャンピング」がいかに大切か。また、そのポイントとなるのは湯の沸かし方であるといった一つひとつの教示は、紅茶への理解と親しみを深めてくれる。もっと紅茶を極めたい向きには、茶葉を組み合わせるブレンドを指南。リラックス効果や花粉症対策など、目的に応じたブレンドティーの例も紹介している。
 機械化が進む紅茶作りの中で、品質や成長に影響する茶摘みだけは、いまも人の手で行われているという。そんな奥深い紅茶の世界を堪能したい。

関連記事

ページトップへ戻る