マンガでわかる アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションガイド [著]福西勇夫、福西朱美

2016年12月28日

空気が読めないなど気になる人との接し方を精神科医に学ぶ

 精神科医である著者によると、近年、発達障害と診断される患者が増えているという。またそうした人とのコミュニケーションに悩み、心身に不調を来す人も増えているそうだ。
 発達障害で生きづらさを感じていても、軽度であれば自立した生活を送っている人も多い。また障害のあらわれ方は個人差が大きい。
 自身にも周囲にも障害の存在がわからず、誤解され、周囲からの援助も得にくいことがある。
 著者はコミュニケーション不全の影に発達障害が存在する可能性を指摘する。また個々が抱える障害の特性を見きわめ、適切な対処を行うことが改善のための鍵になるという。
 本書は平易な解説と併せて、多くのマンガを用い、障害を理解し、コミュニケーション法を工夫したり、他者のサポートを得るなどして、問題を改善した事例や、両者の適応のためのヒントを紹介している。
 マンガなので状況がわかりやすく、読みやすい。アスペルガー症候群や発達障害について基礎知識を得たい人にも役立つだろう。

関連記事

ページトップへ戻る