自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド [著]竹井仁

2017年02月23日

テレビで話題の体の改善法を自宅で手軽におこなう
 
 本書は発売以来20万部を突破した今、話題の書だ。著者は、解剖学、生理学、運動学に加えて医学的な知見などの科学的な根拠に基づいて、体のゆがみを改善する方法を提唱する。筋肉を包む筋膜は「第二の骨格」と呼ばれるほど重要な働きを担っている。この部分に生じたねじれやよじれを解きほぐし、その状態を正常に保つ健康法が筋膜リリースだ。この言葉は、「ためしてガッテン」「世界一受けたい授業」などテレビを通じて、お茶の間でも知られるようになった。
 本書はカラー写真をふんだんに使って、一人でできる筋膜リリースの仕方を紹介する。ウォーミングアップから始めて、ねこ背を正しい姿勢に近づける手順、肩こりや首こりに対する筋膜リリースなど、いずれも自宅でおこなえるプログラムだ。ストレッチと異なり、気持ちが良いと感じる程度が適切と著者はいう。無理をせず、ゆっくりと時間をかけて、筋膜をほぐすことで体の不調をリセットする。いわば硬くなった筋膜が、バターが溶けるようにとろけていく、ほぐれていく感じを大切にして欲しいということだ。

関連記事

ページトップへ戻る