ノーリバウンド・ダイエット―脳の働きを利用して三日坊主ぐせから脱却 [著]石川善樹

2017年02月23日

無理せず続けるダイエットは、小さな習慣づけから

 タイトルでダイエットをうたいながら、「ダイエットを今すぐに始めようと思わないことです」と断言する異色の本である。ダイエットという大きな変化を起こす前に小さな習慣を身につける。それが成功の鍵だというのだ。
 著者によると、長い時間をかけて進化してきた人間の脳には変化を起こしたがる新しい脳(大脳新皮質)と、変化=危険と察知する古い脳(大脳基底核)があり、ダイエットのような大きな変化は古い脳が受けつけないのだという。そこで、古い脳が見逃しがちな小さな習慣をまず始めることが大事になってくるわけだ。本書が説く小さな習慣は、簡単にできることばかり。食事の際に食べる順番を変え、気づいた時に引き締め効果の高い姿勢を取るようなことだ。これを10日間行って習慣にすれば、ゴールは目前なのだそうだ。脳のしくみを解説するダイエット本であるが、理屈っぽさは少しも感じられない。というのも、イラストレーター・なとみみわさんが実際に試した過程をコミックにしてリポートしているからだ。笑って読ませて、今日から新しい習慣を始める背中を押してくれる。

関連記事

ページトップへ戻る