BOOK TIMES (広告特集)

BOOK TIMES (広告特集)
BOOK TIMESは、毎月1回朝日新聞に掲載される本の広告ページです。ここで紹介した本以外にも「書店フェア情報」、「サイン会」、「著者インタビュー」など本についてのさまざまな情報が満載です。ブック・アサヒ・コムには、紙面掲載の翌週木曜日に掲載されます。

2017年03月号

あせらず、たゆまず、ゆっくりと。―93歳の女優が見つけた人生の幸せ [著]赤木春恵

あせらず、たゆまず、ゆっくりと。―93歳の女優が見つけた人生の幸せ [著]赤木春恵

80年の女優人生を支えてくれた心に残る人たちとの出逢い  この春93歳となったベテラン女優の人生を導いてくれたのは、たくさんの出逢(であ)いだったという。「途方にくれたとき、いつもどなたかが背中を押してくれた」、そんな………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

江戸の乳と子ども―いのちをつなぐ [著]沢山美果子

江戸の乳と子ども―いのちをつなぐ [著]沢山美果子

「乳」を中心に江戸をひも解きいのちのネットワークを探る  私たちは「乳」イコール母乳と考えがちな時代に生きている。しかし、著者によれば、粉ミルクなどない江戸時代、乳が出ないときに農民は村落共同体のネットワークの中で「貰………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

わたしはこうして執事になった [著]ロジーナ・ハリソン [監修]新井潤美  [訳]新井雅代

わたしはこうして執事になった [著]ロジーナ・ハリソン [監修]新井潤美  [訳]新井雅代

華麗な時代を執事として生き抜いた輝きの日々をつづる  本書に登場する5人の男性は、屋敷勤めの使用人である。本書は彼らの目を通じてイギリスの上流社会を浮き彫りにする。雑用係から下男、従僕、そして執事という出世コースを歩ん………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

達人 吉沢久子―人生のぜいたく [著]吉沢久子

達人 吉沢久子―人生のぜいたく [著]吉沢久子

100歳の一歩手前でも、自由な心で日々を楽しく  「とことん自由を楽しんで、『さよならぁ』と笑って、この世とおさらばする。それが今の私の目標です」。そうつづる著者は今年で99歳になる。文芸評論家の古谷綱武氏の妻として家………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

大人しく老いてなんかいられない [著]広瀬久美子

大人しく老いてなんかいられない [著]広瀬久美子

老いを自覚しつつも毅然(きぜん)と生きるシニア世代への応援歌  著者は、誠実で歯切れのよいコメントが人気を博した元NHKアナウンサー。現在も講演や執筆などで活躍し、ベストセラー『女の器量はことばしだい』など著作も多い。………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

プロ野球にまつわる言葉を イラストと豆知識でカッキーンと読み解く―プロ野球語辞典 [著]長谷川晶一 [絵]佐野文二郎

プロ野球にまつわる言葉を イラストと豆知識でカッキーンと読み解く―プロ野球語辞典 [著]長谷川晶一 [絵]佐野文二郎

軽妙なイラストと豆知識でプロ野球を楽しく読み解く  野球ファンには以前からおなじみの「神ってる」「トリプルスリー」という言葉が流行語にもなり、最近では「カープ女子」も頭角を現しつつある。本書はそうした近年の野球事情を背………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ! [著]ケント・ギルバート

日本人は「国際感覚」なんてゴミ箱へ捨てろ! [著]ケント・ギルバート

国際協調の発想を否定しジャパン・ファーストを説く  論争的かつ挑戦的な題名だが、著者の意図は、これまで私たちが当たり前に使ってきた「国際感覚」という言葉を再吟味することによって、先行き不透明な時代における賢明な選択肢を………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

外国語ができなくてもおもてなしできる!―カタカナだから3か国語も自由自在 [著]大橋美紀ほか

外国語ができなくてもおもてなしできる!―カタカナだから3か国語も自由自在 [著]大橋美紀ほか

英・中・韓の基本的な会話をカタカナ表記で  東京五輪を3年後に控え、外国人観光客が押し寄せている。道を聞かれたり、写真の撮影を頼まれたりすることも多々あるだろう。サービス業に就いている人は、外国語で接客する必要に迫られ………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

老後ぐらい好きにさせてよ―楽しい時間は、「自分流」に限る! [著]野末陳平

老後ぐらい好きにさせてよ―楽しい時間は、「自分流」に限る! [著]野末陳平

「チンペイ流」の工夫と知恵で悔いのない老後を過ごす  作家、評論家、タレントとして活躍し、参議院議員も務めた著者による痛快かつユーモアあふれるエッセーである。昭和7年生まれとあって80代の隠居老人の視点から、老後を自分………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

古き謎の神―十二様は知っていた―ヤマトタケルの愛妃キヨ姫とその塚守り一族の物語 [著]都丸弥三郎

古き謎の神―十二様は知っていた―ヤマトタケルの愛妃キヨ姫とその塚守り一族の物語 [著]都丸弥三郎

悲劇のヒーロー、ヤマトタケル伝説の真相に迫る  日本神話の英雄として知られるヤマトタケル。古事記の記述を拾ってみると、悲劇の主人公の色合いが強い。父・景行天皇に疎まれて東征に向かう途中、海を静めるために后(きさき)の弟………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

韓国人による北韓論 [著]シンシアリー

韓国人による北韓論 [著]シンシアリー

不明な北朝鮮情勢を分析し日本の進むべき方向を示唆する  これまで著者は韓国が日本に対して抱く「反日」感情を取り上げ、歴史資料を含むさまざまなデータに基づいて論じてきた。シリーズ7冊目にあたる本書では、北朝鮮と韓国を比較………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

日本版CCRCがわかる本―ピンチをチャンスに変える生涯活躍のまち― [著]松田智生

日本版CCRCがわかる本―ピンチをチャンスに変える生涯活躍のまち― [著]松田智生

豊かなセカンドライフを実現し生涯輝くことのできる街  書名のCCRCは、健康時から継続的にケアが提供される中高年者からの共同体を意味する。すでにアメリカでは約2000カ所、70万人、市場規模は3兆円を超えているという。………[もっと読む]

[掲載]2017年03月23日

2017年02月号

56歳でフルマラソン、62歳で100キロマラソン [著]江上剛

56歳でフルマラソン、62歳で100キロマラソン [著]江上剛

ランナー歴ゼロから100キロを制覇したマラソン痛快エッセー    昨秋、著者は「えちご・くびき野100キロマラソン」に初挑戦し、13時間13分29秒のタイムで完走した。すでに42.195キロのフルマラソンの経験があると………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

がん消滅の罠―完全寛解(かんかい)の謎 [著]岩木一麻

がん消滅の罠―完全寛解(かんかい)の謎 [著]岩木一麻

圧倒的ディテールで描く『このミス』大賞の医療ミステリー  2017年の第15回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞受賞作。前代未聞にして実現可能なトリックを圧倒的なディテールで描いている、と選考委員たちに絶賛された医………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

インコ&オウムのお悩み解決帖 [著]柴田祐未子

インコ&オウムのお悩み解決帖 [著]柴田祐未子

パートナーとしての鳥たちと幸せな日々を過ごすために  感情豊かで愛情深い、コンパニオンバード。人間がインコやオウムをこよなく愛するのは、彼らのさまざまな表情に心を奪われるからだろう。そんな鳥との幸せな暮らしを夢見たもの………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

もち麦でやせる!元気になる!―高血圧、血糖値、高コレステロール、メタボを改善 [著]牧野直子 [監修]青江誠一郎 [医学監修]松生恒夫 

もち麦でやせる!元気になる!―高血圧、血糖値、高コレステロール、メタボを改善 [著]牧野直子 [監修]青江誠一郎 [医学監修]松生恒夫 

おいしく食べて健康づくりにつなげるレシピが満載  大麦の一種であるもち麦は、ビタミンB1やカルシウム、鉄などのミネラルを豊富に含むという。また、食物繊維の含有量は穀類の中でもトップクラスとのことだ。とくに、食物繊維の中………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

弘兼流―60歳からの手ぶら人生 [著]弘兼憲史

弘兼流―60歳からの手ぶら人生 [著]弘兼憲史

元気なうちに身辺を整理し残りの人生をより良く生きる  納得のいく「死に様を迎える」ためには相応の準備が必要と著者はいう。わけても60歳以降は、残りの人生を歩むために必要な荷物を極力少なくして、「身軽に生きる」ことを勧め………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

江戸料理大全―将軍も愛した当代一の老舗料亭300年受け継がれる八百善の献立、調理技術から歴史まで [著]栗山善四郎

江戸料理大全―将軍も愛した当代一の老舗料亭300年受け継がれる八百善の献立、調理技術から歴史まで [著]栗山善四郎

300年の暖簾を守る老舗料亭が江戸料理の粋を伝える  1717(享保2)年創業、広重や国貞の浮世絵にも描かれ、江戸随一の料理屋とうたわれた八百善。300年に亘(わた)って暖簾(のれん)を守り続けてきた老舗料亭が、江戸料………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか? [著]おおたとしまさ

なぜ、東大生の3人に1人が公文式なのか? [著]おおたとしまさ

世界的に知られる学習教室の秘密を明らかにする  町を歩いていると「KUMON」と書かれた公文式の看板をよく目にする。公文式の教室は国内の約1万6300カ所に開設されている。さらに、海外の町でも看板を見ることができる。公………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド [著]竹井仁

自分でできる! 筋膜リリースパーフェクトガイド [著]竹井仁

テレビで話題の体の改善法を自宅で手軽におこなう    本書は発売以来20万部を突破した今、話題の書だ。著者は、解剖学、生理学、運動学に加えて医学的な知見などの科学的な根拠に基づいて、体のゆがみを改善する方法を提唱する。………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

ブラック化する学校―少子化なのに、なぜ先生は忙しくなったのか? [著]前屋毅

ブラック化する学校―少子化なのに、なぜ先生は忙しくなったのか? [著]前屋毅

子どもたちが学ぶ場で、いま何が起きているのか!?  冒頭から衝撃的な調査結果が並ぶ。小中学校教員の労働時間は労働者全般の平均より2時間半~3時間長い。読書時間は1日わずか13分。精神疾患による高い休職率。公立中学では4………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

戦後日本の光と影―国民が安心できる国を作ろう! [著]森下正勝

戦後日本の光と影―国民が安心できる国を作ろう! [著]森下正勝

戦後70年の我が国を振り返りこれからの国作りを提言  異色の経営者による警世の書である。巨額の国債発行額、社会保障費の増大、消費税増税、少子高齢化の進展など、どれ一つ取っても将来に禍根を残さない解決策と正しい青写真を描………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

芸人迷子 [著]ユウキロック

芸人迷子 [著]ユウキロック

終わりのない闘いに挑み続ける芸人の記録  2014年に解散したお笑いコンビ「ハリガネロック」。そのボケ担当だったユウキロックが解散までの日々をつづった自叙伝である。ぬるい感傷を排し、青春の日々を懐かしむ甘さもない。ただ………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

ノーリバウンド・ダイエット―脳の働きを利用して三日坊主ぐせから脱却 [著]石川善樹

ノーリバウンド・ダイエット―脳の働きを利用して三日坊主ぐせから脱却 [著]石川善樹

無理せず続けるダイエットは、小さな習慣づけから  タイトルでダイエットをうたいながら、「ダイエットを今すぐに始めようと思わないことです」と断言する異色の本である。ダイエットという大きな変化を起こす前に小さな習慣を身につ………[もっと読む]

[掲載]2017年02月23日

2016年12月号

改革 [著]井上康生

改革 [著]井上康生

全階級メダル獲得を達成した井上流・改革の法則  4年前のロンドン五輪で、史上初の金メダルゼロという惨敗に泣いた全日本男子柔道。しかし、2016年のリオデジャネイロ五輪では、一転して男子全7階級でのメダル獲得を達成した。………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻 [著]中村啓

美術鑑定士・安斎洋人 「鳥獣戯画」空白の絵巻 [著]中村啓

国宝の絵巻をめぐる謎と真実に天才鑑定士が挑む!  上質のミステリーは読み手に至福の時間をもたらす。『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞を受賞した著者による書き下ろしは、国宝「鳥獣戯画」をめぐる陰謀を描いた秀作だ。長い………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

金を使うな頭を使え―できる男は金(カネ)を呼ぶ! [著]船瀬俊介

金を使うな頭を使え―できる男は金(カネ)を呼ぶ! [著]船瀬俊介

スティーブ・ジョブズをはじめ成功した人物に共通する秘訣  本書は元気を与えてくれる。というのも、人生を生き生きと楽しみ、喜び、味わう秘訣(ひけつ)を古今東西の成功した人物の生き方から抽出したともいえる内容だからだ。アッ………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

新 男の子を伸ばす母親は、ここが違う! [著]松永暢史

新 男の子を伸ばす母親は、ここが違う! [著]松永暢史

変わる大学受験に向けて男の子を勝ち組にするために  本書はこれまで約33万部のロングセラーを記録した同名の内容を一新し、今の時代に母親が知っておくべき「知恵と情報」を説いている。ITをはじめ近年の変化は急激というだけで………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

98歳。心して「一人」を楽しく生きる [著]吉沢久子

98歳。心して「一人」を楽しく生きる [著]吉沢久子

何でも面白がり、工夫して前向きに考える。幸せに生きる心構えが詰まったエッセー集  生活者の目線で折々の暮らしの楽しみや食文化、老年世代の生き方などを発信している著者は今年98歳になった。昨年、人生初めての検査入院で病が………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

基礎から学ぶ 紅茶のすべて―美味しくするテクニックから歴史や産地の話まで [著]磯淵猛

基礎から学ぶ 紅茶のすべて―美味しくするテクニックから歴史や産地の話まで [著]磯淵猛

紅茶のおいしさと楽しみ方魅力のすべてを網羅した一冊  ソフトドリンク「午後の紅茶」のプロデュースで知られる紅茶研究家が、紅茶の基礎から楽しみ方まで網羅した、まさに紅茶のバイブルというべき一冊である。産地や歴史、茶葉の種………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

Aさんの場合。 [著]やまもとりえ

Aさんの場合。 [著]やまもとりえ

あのジェーン・スー氏も共感! 女心をわし掴(づか)みにする噂(うわさ)のコミック。  Aさんは30代独身の女性。職場の同僚Bさんは同じ年代だけど、子育て真っ最中の既婚女性だ。立場も性格も違う2人は、お互いをうらやんだり………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

仕事帰り・昼休みに行ける!すばらしい東京の神社ベスト151 [監修]東京神社研究会

仕事帰り・昼休みに行ける!すばらしい東京の神社ベスト151 [監修]東京神社研究会

仕事帰り、昼休みに気軽に訪れたい都会のオアシス  東京には多くの神社がある。初詣で有名な明治神宮にとどまらず、各区、そして都下に素晴らしいスポットがあることを改めて本書は示してくれる。本書が取り上げるのは151社。神社………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

のびのび生きるヒント―真面目に頑張っているのになぜうまくいかないのか [著]武田双雲

のびのび生きるヒント―真面目に頑張っているのになぜうまくいかないのか [著]武田双雲

心も時間も「余白」があるからうまくいく!人気書道家の生き方ヒント  仕事もプライベートも、「頑張らなければ結果が出ない」と常に全力で取り組む――そんな毎日を過ごしている人は多いのではないか。書道家である著者の主張はその………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

毛沢東―中華人民共和国と二十一世紀世界の資本主義と民主主義 [著]本田良一

毛沢東―中華人民共和国と二十一世紀世界の資本主義と民主主義 [著]本田良一

毛沢東の著作を丹念に分析し現代社会に警鐘を鳴らす  本書は、『毛沢東選集』をひもとき、中華人民共和国の歴史及び政治経済の特徴を分析し、我が国がいかに同国と向きあうべきかを真摯(しんし)に論考した労作である。元参議院議員………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

創造力が伸びる!子どもの夢中を止めない小さな習慣―12歳で息子が『文房具図鑑』を出版するまで [著]山本香

創造力が伸びる!子どもの夢中を止めない小さな習慣―12歳で息子が『文房具図鑑』を出版するまで [著]山本香

どの子も内部に持っている「好き!」の力を伸ばしていく  著者の息子は小学6年生のとき、夏休みの自由研究として『文房具図鑑』を完成した。その内容の素晴らしさから出版に至り大きな話題となった。しかし、「文房具少年・山本健太………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

マンガでわかる アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションガイド [著]福西勇夫、福西朱美

マンガでわかる アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションガイド [著]福西勇夫、福西朱美

空気が読めないなど気になる人との接し方を精神科医に学ぶ  精神科医である著者によると、近年、発達障害と診断される患者が増えているという。またそうした人とのコミュニケーションに悩み、心身に不調を来す人も増えているそうだ。………[もっと読む]

[掲載]2016年12月28日

2016年11月号

えほん―ひつじのショーンをさがせ! [原作]アードマン・アニメーションズ

えほん―ひつじのショーンをさがせ! [原作]アードマン・アニメーションズ

ぎっしり描きこまれたひつじの中から、ショーンを見つける愉快な絵本  NHK Eテレで放映中の人気アニメーション『ひつじのショーン』が、子どもも大人も楽しめる“さがし絵本”になった。原作は、静かな丘の牧場を舞台に、わんぱ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

夫にもしものことがあったとき妻が読む本 [監修]小関勝紀

夫にもしものことがあったとき妻が読む本 [監修]小関勝紀

大切な夫に先立たれたときに必要となる手続きを網羅  万一、夫を失ったときに必要な手続きについて理解している人は少ないだろう。精神的かつ経済的に大きな支えであればあるほど、深い悲しみや喪失感、今後の生活への不安は避けられ………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

決定版!250品―僕が本当に好きな和食 [著]笠原将弘

決定版!250品―僕が本当に好きな和食 [著]笠原将弘

パパッと作れておいしい! 笠原流和食レシピの決定版  人気の和食屋「賛否両論」の店主が、気に入って作り続けてきた和食レシピの決定版だ。焼き鳥屋をやっていた実家の味という鶏から揚げやコロッケをはじめ、どこか懐かしく、決し………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

新聞大学 [著]外山滋比古

新聞大学 [著]外山滋比古

学費もかからず自宅でできる学習法で脳を鍛える  長寿社会となったこの時代、知力は常に最良の状態に保っておきたい。だが、ある程度の年齢になってから自分に合った学習法を探すのは容易ではない。そこで、著者が薦めるのが「新聞大………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

こんなふうに生きればいいにゃん―心療内科医がネコから教わった生き方のコツ [著]海原純子

こんなふうに生きればいいにゃん―心療内科医がネコから教わった生き方のコツ [著]海原純子

どんな環境でも自由に生きるネコたちに教わった人生のコツ  心療内科医として多方面で活躍する著者は、ネコと暮らしてもう30年以上。今では、ネコのいない生活なんて考えられないほどのネコ好きだ。飼い主に忠実な犬と違い、ネコは………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

世界のお墓文化紀行―不思議な墓地・美しい霊園をめぐり、さまざまな民族の死生観をひも解く [監修]長江曜子

世界のお墓文化紀行―不思議な墓地・美しい霊園をめぐり、さまざまな民族の死生観をひも解く [監修]長江曜子

さまざまな民族の死生観を墓地・霊園を通じて紹介  本書がカラー写真を通じて紹介するのは単なる墓地や霊園の姿ではない。ひと言で「お墓」といっても、葬送の方法や風習の相違を反映し、世界にはさまざまな形態がある。地域や国家、………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

人は皆、土に還る [著]曽野綾子

人は皆、土に還る [著]曽野綾子

畑仕事を通して到達した「お棺は紙箱でよい」という思い  著者が畑仕事を始めたのは50歳になる少し前。視力が極端に落ちたことがきっかけだった。三浦半島の別荘でも、東京の自宅でも、それぞれ庭の一部を畑にして種をまくようにな………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

脳脊髄液(のうせきずいえき)・リンパ液・血液を流せばみるみる元気になる! [著]片平悦子

脳脊髄液(のうせきずいえき)・リンパ液・血液を流せばみるみる元気になる! [著]片平悦子

生活習慣を変えるとともにリンパマッサージで元気になる  著者は治療院を開業するかたわら、研修や講演で全国を駆け回っている。キーワードは体液である。長年の治療経験から、体の60~70%を占める体液、とりわけ血液、リンパ液………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

〈ふつう〉から遠くはなれて―「生きにくさ」に悩むすべての人へ 中島義道語録 [著]中島義道

〈ふつう〉から遠くはなれて―「生きにくさ」に悩むすべての人へ 中島義道語録 [著]中島義道

「生きにくさ」に悩むとき知恵と希望を与える名言集  哲学者である著者はこれまで65冊の著作を出版した。その1冊1冊が、書くことによって「生き延びてきました」という決意によって生まれた。その膨大な文章のなかから厳選したア………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

太陽の三陸(みろく)神示―神々の仕組みと災害 [著]髙橋千春

太陽の三陸(みろく)神示―神々の仕組みと災害 [著]髙橋千春

見えざる神々の声をつづり、災害への備えを説く  2010年、著者は関東圏で神社を巡った際に、大地震と大津波を予告されたという。本書は、そんな著者による予言の書である。著者によれば、目に見えない悪魔や神と交信し、未来がど………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

鬼平犯科帳を極める―ザ・ファイナル

鬼平犯科帳を極める―ザ・ファイナル

年内で最終回を迎える吉右衛門版「鬼平」の魅力を一冊に  平成元年に始まった中村吉右衛門版「鬼平犯科帳」が、150回目の「鬼平犯科帳 THE FINAL」(フジテレビ系12月2日・3日の2夜連続)で最終回を迎える。28年………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

合格 賢脳レシピ80―受験生をごはんで応援! [監修]篠原菊紀

合格 賢脳レシピ80―受験生をごはんで応援! [監修]篠原菊紀

脳科学から引き出した受験に役立つ毎日の食事  受験を控えた子どもにとって、愛情たっぷりの食事は大きな支えとなる。食事には健康にとどまらず、学習能力を高めたりストレスを解消したりする効果も期待できると監修の篠原氏。そこで………[もっと読む]

[掲載]2016年11月24日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る