こころちゃん

こゝろちゃん

本と読書が何よりも好きな「純文学少女こゝろちゃん」が、時代やジャンルを問わず、イチ推しの1冊=「オシボン」を取り上げ、そこに登場するキャラクターを熱く語っていきます。本の印象的なシーンを切り出したマンガ=「ホンガ」も併載。思わずその本が読みたくなる、新しいスタイルの書評です。

バックナンバー: 2015年07月号2015年02月号2015年01月号2014年12月号

2015年07月号

『春琴抄』 谷崎潤一郎

『春琴抄』 谷崎潤一郎

 夏もやっぱり本が好き。こゝろです。今回は度の過ぎた献身ぶりがなんだか艶めかしい、愛の物語を紹介します。 大阪の大商家に生まれ、九歳で視力を失った春琴が、芸事の師匠宅への送迎役に指名したのは、四………[もっと読む]

[掲載]2015年07月06日

2015年02月号

『わたしを離さないで』 カズオ・イシグロ

『わたしを離さないで』 カズオ・イシグロ

 イギリスの全寮制男子校に一度潜入してみたい、こゝろです。今回は世界的ベストセラーとなった現代小説に挑戦します。ネタバレはほどほどでね。 「わたしの名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人をも………[もっと読む]

[掲載]2015年02月24日

2015年01月号

『ヴェネツィアに死す』 トーマス・マン

『ヴェネツィアに死す』 トーマス・マン

海外旅行は未体験。パリのお菓子やサハラ砂漠に憧れてます、こゝろです。今回は、アドリア海の真珠とも呼ばれるイタリアはヴェネツィアにご案内します。 名声を築いた老作家のアッシェンバッハが、6月、とつ………[もっと読む]

[掲載]2015年01月20日

2014年12月号

『古都』 川端康成

『古都』 川端康成

 小説で使われる美しい日本語に耽溺中。こゝろです。今回は、京都のどまんなかで数奇な運命に翻弄された、雅致な「お嬢さん」をご紹介します。 伝統的な手織物の商家でひとり娘として育った千重子は、まっす………[もっと読む]

[掲載]2014年12月25日

『金閣寺』 三島由紀夫

『金閣寺』 三島由紀夫

 名作で、ヒトの心をお勉強中。こゝろ、一六歳です。今回は、美しいものへの愛をこじらせ、大事件を起こした青年を紹介します。 引っ込み思案な溝口は、お寺の子なのに吃音なのがコンプレックスで、ある日、………[もっと読む]

[掲載]2014年12月11日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ