コミック・ブレーク (広告特集)

コミック・ブレーク (広告特集)
コミック・ブレークは、毎月第3週水曜日に朝日新聞に掲載されるコミックの広告ページです。著名人が好きなコミックについて語る「私のコミック履歴書」など、コミックについてのさまざまな情報が満載です。なお「マンガ今昔物語」はブック・アサヒ・コムのオリジナルコラムです。

2017年05月号

〈私のコミック履歴書〉声優 山下大輝

〈私のコミック履歴書〉声優 山下大輝

隠した心が もどかしい ――マンガ原作のアニメで声優をなさることが多いので、やはりマンガはお好きですか。 山下 最近は読む機会が減ってきていますが、好きですね。子どものころはたくさん読んでいました。 ――とくに好きな作………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉高倉くんには難しい [原作]一條マサヒデ [作画]サブリック

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉高倉くんには難しい [原作]一條マサヒデ [作画]サブリック

■不器用も極めれば最高のギャグになる  不器用すぎて何をするにもうまくいかない……大惨事を起こしてしまう高倉くん。面白かったー! たくさん笑いました。私自身、自分のことをとても不器用だと思っていて何をするにも時間がかか………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

〈マンガ今昔物語〉第81回 「写楽と和登サン」が現代の高校生に!

〈マンガ今昔物語〉第81回 「写楽と和登サン」が現代の高校生に!

 しばしば指摘されるように、少年誌で熱血スポ根マンガが盛り上がった1970年前後は手塚治虫の暗黒時代だった。「マンガの神様」とうたわれた手塚も決して万能だったわけではなく、少年誌の王道であるスポーツマンガが描けないという………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ [作]藤堂裕 [原案]明智憲三郎

信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ [作]藤堂裕 [原案]明智憲三郎

■光秀の子孫による話題の新解釈をコミカライズ!  原案は明智光秀の子孫という明智憲三郎によるベストセラー『本能寺の変431年目の真実』。「本能寺の変」といえば、「大化の改新(乙巳(いっし)の変)」と並んで日本史上もっと………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

雄飛 [作]小山ゆう

雄飛 [作]小山ゆう

■伊集院静氏も絶賛! 巨匠、入魂の大河ロマン  「“雄飛”の壮大なロマンには日本人が忘れかけた情愛のかがやきがある。自分もいつかこういう素晴らしい仕事を目指したいものだ」(作家・伊集院静)  舞台は戦争の傷跡が色濃く残………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

トリピタカ・トリニーク [作]鈴木ジュリエッタ

トリピタカ・トリニーク [作]鈴木ジュリエッタ

■鈴木ジュリエッタが贈る新感覚の中華伝奇ロマン  乃木坂46の生駒里奈も夢中になった大ヒット作『神様はじめました』で知られる鈴木ジュリエッタ。注目の新作は“少女版「西遊記」”だった!  中国・唐の時代。元気いっぱいの少………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

CITY [作]あらゐけいいち

CITY [作]あらゐけいいち

■非日常的な日常を描く、あらゐワールド最新型  実に風変わりな味わいの作品だ。温かくポップな絵柄、人を食ったシュールな展開、オフビートなギャグに古典的リアクション。今までにない作風で、ハマる人はとことんハマる独特の魅力………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

2017年04月号

〈私のコミック履歴書〉映画監督 三池崇史さん

〈私のコミック履歴書〉映画監督 三池崇史さん

木村拓哉と万次 ――これまでにマンガ原作の映画もたくさん撮っていらっしゃいますが、マンガはお好きですか。 三池 もちろん! まったく裕福ではなかったけど、高度成長期の恩恵を受けて、浴びるようにマンガを読んで育った世代で………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉スローモーションをもう一度 [作]加納梨衣

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉スローモーションをもう一度 [作]加納梨衣

■好きなものは好き! それでいいのだ!!  初めて装丁を拝見したとき、80年代の話なのかと思いました。ページを開いてみると、現代を生きる高校生、大滝くんがその時代が大好きという設定で、80年代の格別に輝くアイドルたちや………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

〈マンガ今昔物語〉第80回 巨匠・永井豪が大暴走!

〈マンガ今昔物語〉第80回 巨匠・永井豪が大暴走!

 このところ、昭和に活躍した大御所による自伝マンガをよく目にする。「週刊漫画ゴラク」で永井豪が2010年から連載している『激マン!』もそのひとつだが、最新作「キューティーハニー編」には驚いた。マンガ家が半ばギャグで若き日………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

蒼竜(アズファレオ)の側用人(そばようにん) [作]千歳四季

蒼竜(アズファレオ)の側用人(そばようにん) [作]千歳四季

■「人外」好きな女子の間で大ヒット中の話題作  もともと短期連載で、単行本も1巻で終わる予定だったらしい。ところが、その単行本が次々と重版を重ね、連載再開が決定したという話題作だ。  巫女(みこ)の才能がなく、故郷の村………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

ぐらんぶる [原作]井上堅二 [漫画]吉岡公威

ぐらんぶる [原作]井上堅二 [漫画]吉岡公威

■おバカな大学生たちが大暴れする本格コメディー  伊豆大学の新入生・北原伊織(いおり)はダイビングショップ「グランブルー」を経営するおじさんの家で、あこがれの大学生活を送ることに。入学早々、出会ったのは美女とダイビング………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

レイリ [原作]岩明均  [漫画]室井大資

レイリ [原作]岩明均  [漫画]室井大資

■岩明均×室井大資! 話題騒然の本格戦国時代劇  長篠の戦いから4年後の天正7(1579)年。織田軍の雑兵に家族を殺されて天涯孤独の身となった少女レイリは、武田家家臣・岡部丹波守のもとでひたすら剣の腕を磨いてきた。彼女………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

カノジョは嘘を愛しすぎてる [作]青木琴美

カノジョは嘘を愛しすぎてる [作]青木琴美

■8年間の人気連載が遂に涙の感動完結!  実写映画化もされた“カノ嘘”が遂に完結! 人気バンド、クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子(リコ)は、ある日一人の男性にナンパされる。彼が口ずさんでいたメロディ………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

2017年03月号

〈私のコミック履歴書〉モーニング娘。’17 飯窪春菜さん

〈私のコミック履歴書〉モーニング娘。’17 飯窪春菜さん

ジョンが可愛くて ――飯窪さんは新聞や雑誌でマンガのコラムも連載していて、「モーニング娘。’17」きってのマンガ好きとして知られています。 飯窪 はい。うちは両親ともすごくマンガが好きで、家にはマンガがたくさんありまし………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉新装版 はいからさんが通る [作]大和和紀

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉新装版 はいからさんが通る [作]大和和紀

■『はいからさんが通る』を読んで憧れを抱くの巻。  『はいからさんが通る』。念願かなって、初めて読みました。  セリフは、詩の羅列で構成されていて、キラキラの瞳や花を背負った美しい絵の一コマが自然と描かれて、うっとりし………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

〈マンガ今昔物語〉第79回 「人面動物」の恐怖!

〈マンガ今昔物語〉第79回 「人面動物」の恐怖!

 映画化もされた直木賞作家・姫野カオルコの問題作『受難』は、清純な乙女フランチェス子の股間に人面瘡(じんめんそう)ができるという振り切った設定で話題を呼んだ。彼女はドSな人面瘡を「古賀さん」と名付けて共同生活を始めるが、………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

僕と君の大切な話 [作]ろびこ

僕と君の大切な話 [作]ろびこ

■男女のギャップを描く新感覚のラブコメディー  高校の最寄り駅。2年2組の相沢さんが4組の東(あずま)くんに告白し、東くんが「自分から言いよるのは女として愚策の極みだ」と予想外の言葉を返す場面から物語は始まる。相沢さん………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? [作]新島秋一

博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? [作]新島秋一

■ネットで話題! タイトルそのままの方言4コマ  かつて「関西弁の女の子」にあこがれる東京の男子は少なくなかった。しかし最近はバラエティー番組の影響なのか、上京しても平気で関西弁を話し続ける女子が急増。関西弁はすっかり………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

覆面系ノイズ [作]福山リョウコ

覆面系ノイズ [作]福山リョウコ

■あふれる想(おも)いが届いても苦しいのはなぜだろう  歌が大好きなニノは、幼いころ2つの別れを経験する。1つは初恋の相手・モモ。もう1つは曲作りをする少年・ユズ。いつかニノの歌声を見つけ出す、という2人との約束を信じ………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

空母いぶき [作]かわぐちかいじ [協力]惠谷治

空母いぶき [作]かわぐちかいじ [協力]惠谷治

■中国軍侵攻から始まる恐るべき軍事フィクション  20XY年4月25日未明、中国軍が侵攻し、尖閣諸島、与那国島、多良間島を占領。約3000人の島民を拘束し、引き渡しの条件として尖閣諸島の領有を挙げる。垂水(たるみ)首相………[もっと読む]

[掲載]2017年03月15日

2017年02月号

〈私のコミック履歴書〉プロフィギュアスケーター 織田信成さん

〈私のコミック履歴書〉プロフィギュアスケーター 織田信成さん

毎年、家族で観(み)ています! ――マンガはかなりお好きだそうですね。 織田 大好きです! 子どものころは兄と一緒に『ドラゴンボール』を全巻読みましたし、父が持っていた『美味しんぼ』も読みました。『美味しんぼ』は料理も………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉あそびあそばせ [作]涼川りん

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉あそびあそばせ [作]涼川りん

■正常ではないのに健康的? な女子の面白さ  『あそびあそばせ』とタイトルが書かれ可愛く奇麗で瞳に吸い込まれるような素敵な絵で女の子が描かれているのを見て、“笑える”という前情報をどう捉えたらいいのか少し混乱しました。………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

紅霞後宮物語~小玉伝~ [作]雪村花菜 [画]栗美あい

紅霞後宮物語~小玉伝~ [作]雪村花菜 [画]栗美あい

■「軍人皇后」が活躍する人気小説をコミカライズ  関小玉(かんしょうぎょく)は卓抜した武功で将軍にまで出世した男前な才女。ところが相棒だった文林(ぶんりん)が、なんと大宸帝国皇帝の座につき、彼に請われて入内(じゅだい)………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

突然ですが、明日結婚します [作]宮園いづみ

突然ですが、明日結婚します [作]宮園いづみ

■結婚したい女VS結婚したくない男の恋愛バトル  「結婚したい女」高梨あすか。大手銀行に勤め、全支店で営業成績トップ3という実力がありながら、専業主婦に憧れている。しかし、彼氏から突然の別れ宣告で、その夢も玉砕。そんな………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

不滅のあなたへ [作]大今良時

不滅のあなたへ [作]大今良時

■『聲(こえ)の形』とはまったく異なるファンタジー大作  第19回手塚治虫文化賞新生賞や「このマンガがすごい!2015」(宝島社)オトコ編第1位に輝き、映画化もされた話題作『聲の形』でブレークした大今良時。注目の新作は………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

劉備徳子は静かに暮らしたい [作]仲野えみこ

劉備徳子は静かに暮らしたい [作]仲野えみこ

■「三国志」の英雄たちが現代の高校生に転生!?  「この人が元関羽だ。今は関(せき)君。関君、彼女は操(みさお)ちゃん。元曹操で生徒会長だ」(第1話より)  なんというか、ものすごい設定だ。  約1800年前の中国で活………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

〈マンガ今昔物語〉第78回 項羽と劉邦と川原正敏

〈マンガ今昔物語〉第78回 項羽と劉邦と川原正敏

 『男一匹ガキ大将』以来、「週刊少年ジャンプ」の看板作家として君臨してきた本宮ひろ志が、(2017年現在)同誌に最後に連載した作品が『赤龍王』だ。「三国志」をモチーフにした『天地を喰らう』に続き、再び古代中国を舞台にした………[もっと読む]

[掲載]2017年02月15日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る