コミック・ブレーク (広告特集)

コミック・ブレーク (広告特集)
コミック・ブレークは、毎月第3週水曜日に朝日新聞に掲載されるコミックの広告ページです。著名人が好きなコミックについて語る「私のコミック履歴書」など、コミックについてのさまざまな情報が満載です。なお「マンガ今昔物語」はブック・アサヒ・コムのオリジナルコラムです。

2017年07月号

〈私のコミック履歴書〉マンガ家 ちばてつや

〈私のコミック履歴書〉マンガ家 ちばてつや

あれから70年 ――太平洋戦争が終わった1945年、ちば先生は6歳でしたね。 ちば 私は中国からの引き揚げ者なんですよ。戦争が終わってから日本に帰ってくるまでの1年間はとにかく食べ物がなくて。6歳の私を頭に4人の子ども………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉舟を編む [原作]三浦しをん[漫画]雲田はるこ

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉舟を編む [原作]三浦しをん[漫画]雲田はるこ

■言葉を知ることは感情と日常を豊かにする  辞書を作る。その作業がどんな人たちによって行われているのか、考えたことがありませんでした。  大げさなドラマはないのに、辞書を作っているメンバーのストーリーと絡めながら、段々………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

〈マンガ今昔物語〉第83回 マンガ界の特攻野郎!

〈マンガ今昔物語〉第83回 マンガ界の特攻野郎!

 マンガ家は多くの人があこがれる職業だ。しかし、成功するのはひと握り。売れっ子になっても「自由に描ける」とは限らない。 マンガ家を主人公にし、マンガを描くこと自体をテーマにした、いわゆる「マンガ家マンガ」の第1号は『漫画………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

うたかたダイアログ [作]稲井カオル

うたかたダイアログ [作]稲井カオル

さすが大阪人! ■「何も起こらない男女の日常」がこんなに面白い!  偏見かもしれないが、他県の人に比べて大阪出身の人は「お笑いの偏差値」が明らかに高いように思う。ごく普通の日常会話でも自然と笑いを誘われる。調べてみると………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

イサック [原作]真刈信二 [漫画]DOUBLE-S

イサック [原作]真刈信二 [漫画]DOUBLE-S

ヨーロッパに渡ったサムライ ■三十年戦争で活躍した日本人傭兵(ようへい)を描く歴史ロマン  三十年戦争の渦中だった1620年の神聖ローマ帝国。プファルツ選帝侯領(ドイツ南西部)のフックスブルク城に、「イサック」と名乗る………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

魔入(まい)りました!入間くん [作]西修

魔入(まい)りました!入間くん [作]西修

悪魔学校の特待生 ■笑いと冒険が満載の魔界学園ファンタジー  鈴木入間(いるま)はサイテーの両親によって悪魔サリバンに売り飛ばされた不幸な少年。一方、サリバンの目的は「孫」を持ち、溺愛(できあい)すること。入間くんは人………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

ポーの一族 春の夢 [作]萩尾望都

ポーの一族 春の夢 [作]萩尾望都

“永遠の少年”再び ■伝説的名作『ポーの一族』、40年ぶりの続編が登場!  第1話が掲載された「月刊フラワーズ」2016年7月号は売れ行き絶好調で異例の重版。「40年ぶりの続編」ということで大反響を呼んだ『ポーの一族』………[もっと読む]

[掲載]2017年07月19日

2017年06月号

〈私のコミック履歴書〉日髙のり子

〈私のコミック履歴書〉日髙のり子

大人になった南ちゃん ――かつて浅倉南の役で一世を風靡(ふうび)しましたが、『タッチ』という作品にはどんな思いを持っていますか。 日髙 声優としてこの世界で生きていく基礎を作ってくれた作品だと思っています。作品が大きか………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉覆面系ノイズ [作]福山リョウコ

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉覆面系ノイズ [作]福山リョウコ

■歌で想(おも)いを伝える、切ない片想いだらけのストーリー  こんにちは、のんです。 今回読ませていただいたのは『覆面系ノイズ』でした。  歌うことが大好きな有栖川仁乃(ありすがわにの)。いつも一緒に歌を歌って過ごして………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

〈マンガ今昔物語〉第82回 アルバイトは「人殺し」です!

〈マンガ今昔物語〉第82回 アルバイトは「人殺し」です!

 美少女のガンアクションを描いたマンガは意外に多い。か弱い少女とマッチョな銃器という取り合わせは、好きな人にはたまらないものがあるようだ。おそらく1970年代初頭に連載された『木曜日のリカ』(小池一夫・松森正)辺りが走り………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

ボールルームへようこそ [作]竹内友

ボールルームへようこそ [作]竹内友

■知られざる「競技ダンス」の世界を熱く描く話題作  ときとしてマンガは“それまで知らなかった世界”の存在を教えてくれる。かつてマンガがきっかけで、少年たちの間に釣りや囲碁のブームが起きたこともあった。同じく本作によって………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

サチのお寺ごはん [作]かねもりあやみ [原案]久住昌之 [監修]青江覚峰

サチのお寺ごはん [作]かねもりあやみ [原案]久住昌之 [監修]青江覚峰

■「料理僧」が監修を務めるグルメマンガの新機軸  名前通りにイケてない人生を歩んできた臼井幸(うすいさち)は27歳のOL。すべてをあきらめていた彼女は毎日の食事もコンビニ弁当やインスタント食品ですませていたが、近所にあ………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

青楼オペラ [作]桜小路かのこ

青楼オペラ [作]桜小路かのこ

■江戸・吉原を舞台に描かれる「将来(さき)のない恋」  青楼(せいろう)とは「美女の住む家」のことで、江戸時代は吉原遊郭を意味していた。両親を謎の賊に殺されて家を取りつぶされた武家の娘・永倉朱音(ながくらあかね)は、犯………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

ヴァンパイア騎士(ナイト)―memories [作]樋野まつり

ヴァンパイア騎士(ナイト)―memories [作]樋野まつり

■明かされる優姫、零、枢の千年の物語  ファン待望! TVアニメ化、舞台化もされた人気作、『ヴァンパイア騎士』が帰ってきた。タイトルに「memories(メモリーズ)」と付した通り、描かれているのは純血種の吸血鬼(ヴァ………[もっと読む]

[掲載]2017年06月21日

2017年05月号

〈私のコミック履歴書〉声優 山下大輝

〈私のコミック履歴書〉声優 山下大輝

隠した心が もどかしい ――マンガ原作のアニメで声優をなさることが多いので、やはりマンガはお好きですか。 山下 最近は読む機会が減ってきていますが、好きですね。子どものころはたくさん読んでいました。 ――とくに好きな作………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉高倉くんには難しい [原作]一條マサヒデ [作画]サブリック

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉高倉くんには難しい [原作]一條マサヒデ [作画]サブリック

■不器用も極めれば最高のギャグになる  不器用すぎて何をするにもうまくいかない……大惨事を起こしてしまう高倉くん。面白かったー! たくさん笑いました。私自身、自分のことをとても不器用だと思っていて何をするにも時間がかか………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

〈マンガ今昔物語〉第81回 「写楽と和登サン」が現代の高校生に!

〈マンガ今昔物語〉第81回 「写楽と和登サン」が現代の高校生に!

 しばしば指摘されるように、少年誌で熱血スポ根マンガが盛り上がった1970年前後は手塚治虫の暗黒時代だった。「マンガの神様」とうたわれた手塚も決して万能だったわけではなく、少年誌の王道であるスポーツマンガが描けないという………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ [作]藤堂裕 [原案]明智憲三郎

信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~ [作]藤堂裕 [原案]明智憲三郎

■光秀の子孫による話題の新解釈をコミカライズ!  原案は明智光秀の子孫という明智憲三郎によるベストセラー『本能寺の変431年目の真実』。「本能寺の変」といえば、「大化の改新(乙巳(いっし)の変)」と並んで日本史上もっと………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

雄飛 [作]小山ゆう

雄飛 [作]小山ゆう

■伊集院静氏も絶賛! 巨匠、入魂の大河ロマン  「“雄飛”の壮大なロマンには日本人が忘れかけた情愛のかがやきがある。自分もいつかこういう素晴らしい仕事を目指したいものだ」(作家・伊集院静)  舞台は戦争の傷跡が色濃く残………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

トリピタカ・トリニーク [作]鈴木ジュリエッタ

トリピタカ・トリニーク [作]鈴木ジュリエッタ

■鈴木ジュリエッタが贈る新感覚の中華伝奇ロマン  乃木坂46の生駒里奈も夢中になった大ヒット作『神様はじめました』で知られる鈴木ジュリエッタ。注目の新作は“少女版「西遊記」”だった!  中国・唐の時代。元気いっぱいの少………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

CITY [作]あらゐけいいち

CITY [作]あらゐけいいち

■非日常的な日常を描く、あらゐワールド最新型  実に風変わりな味わいの作品だ。温かくポップな絵柄、人を食ったシュールな展開、オフビートなギャグに古典的リアクション。今までにない作風で、ハマる人はとことんハマる独特の魅力………[もっと読む]

[掲載]2017年05月17日

2017年04月号

〈私のコミック履歴書〉映画監督 三池崇史さん

〈私のコミック履歴書〉映画監督 三池崇史さん

木村拓哉と万次 ――これまでにマンガ原作の映画もたくさん撮っていらっしゃいますが、マンガはお好きですか。 三池 もちろん! まったく裕福ではなかったけど、高度成長期の恩恵を受けて、浴びるようにマンガを読んで育った世代で………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉スローモーションをもう一度 [作]加納梨衣

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉スローモーションをもう一度 [作]加納梨衣

■好きなものは好き! それでいいのだ!!  初めて装丁を拝見したとき、80年代の話なのかと思いました。ページを開いてみると、現代を生きる高校生、大滝くんがその時代が大好きという設定で、80年代の格別に輝くアイドルたちや………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

〈マンガ今昔物語〉第80回 巨匠・永井豪が大暴走!

〈マンガ今昔物語〉第80回 巨匠・永井豪が大暴走!

 このところ、昭和に活躍した大御所による自伝マンガをよく目にする。「週刊漫画ゴラク」で永井豪が2010年から連載している『激マン!』もそのひとつだが、最新作「キューティーハニー編」には驚いた。マンガ家が半ばギャグで若き日………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

蒼竜(アズファレオ)の側用人(そばようにん) [作]千歳四季

蒼竜(アズファレオ)の側用人(そばようにん) [作]千歳四季

■「人外」好きな女子の間で大ヒット中の話題作  もともと短期連載で、単行本も1巻で終わる予定だったらしい。ところが、その単行本が次々と重版を重ね、連載再開が決定したという話題作だ。  巫女(みこ)の才能がなく、故郷の村………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

ぐらんぶる [原作]井上堅二 [漫画]吉岡公威

ぐらんぶる [原作]井上堅二 [漫画]吉岡公威

■おバカな大学生たちが大暴れする本格コメディー  伊豆大学の新入生・北原伊織(いおり)はダイビングショップ「グランブルー」を経営するおじさんの家で、あこがれの大学生活を送ることに。入学早々、出会ったのは美女とダイビング………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

レイリ [原作]岩明均  [漫画]室井大資

レイリ [原作]岩明均  [漫画]室井大資

■岩明均×室井大資! 話題騒然の本格戦国時代劇  長篠の戦いから4年後の天正7(1579)年。織田軍の雑兵に家族を殺されて天涯孤独の身となった少女レイリは、武田家家臣・岡部丹波守のもとでひたすら剣の腕を磨いてきた。彼女………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

カノジョは嘘を愛しすぎてる [作]青木琴美

カノジョは嘘を愛しすぎてる [作]青木琴美

■8年間の人気連載が遂に涙の感動完結!  実写映画化もされた“カノ嘘”が遂に完結! 人気バンド、クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子(リコ)は、ある日一人の男性にナンパされる。彼が口ずさんでいたメロディ………[もっと読む]

[掲載]2017年04月19日

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る