覆面系ノイズ [作]福山リョウコ

2017年03月15日

■あふれる想(おも)いが届いても苦しいのはなぜだろう

 歌が大好きなニノは、幼いころ2つの別れを経験する。1つは初恋の相手・モモ。もう1つは曲作りをする少年・ユズ。いつかニノの歌声を見つけ出す、という2人との約束を信じて歌い続けてきたニノ。高校生となった6年後、バラバラだった彼らの道がクロスする。ニノとユズはロックバンドの仲間として、ユズとモモは音楽と恋の好敵手として……。
 『花とゆめ』で大人気の『覆面系ノイズ』は、まさに心をROCKする(揺さぶる)「音楽×片恋」ストーリー。4月11日からTVアニメが放映、11月には実写映画が全国ロードショーと人気沸騰中だ。
 最新刊では、高2になったニノの隣に、ついに付き合うことになったモモがいる。だが、ある事情によってユズは突然姿を消していた。ユズ不在の軽音部にぎこちない空気が漂う中、ニノの声に異変が起こる。その原因は一体……。
 軽音部の面々の一方通行的な恋模様にも変化が訪れ、プロとしての音楽活動でも新しい世界を開こうとみんなが高みを目指している。熱い友情×愛情、ギラッギラのライバル心。音楽に乗せて、その思いの丈を歌え! 叩け!奏でろ! 一気に突っ走れ!! と、読む側も熱くなる。トキメキと切なさが加速する第12巻。思わずVIVA青春! とシャウトしたくなる。
    ◇
「花とゆめ」連載中

関連記事

ページトップへ戻る