カノジョは嘘を愛しすぎてる [作]青木琴美

2017年04月19日

■8年間の人気連載が遂に涙の感動完結!

 実写映画化もされた“カノ嘘”が遂に完結! 人気バンド、クリュードプレイ(クリプレ)の大ファンである小枝理子(リコ)は、ある日一人の男性にナンパされる。彼が口ずさんでいたメロディーに惹(ひ)かれたリコは、彼がクリプレのサウンドクリエーター、小笠原秋(アキ)とは知らずに付き合うことに。ただ、アキがリコに声をかけたのは、所属事務所の社長でプロデューサーの高樹との軋轢(あつれき)や、日本を代表する歌姫である恋人の茉莉との関係に嫌気がさし、音楽とは無縁の場所が欲しかったから。なのに、偶然にも高樹にその歌声が気に入られたリコは、幼なじみのソーとユウとともに「MUSH&Co.」として音楽の世界に踏み出すことになった。
 すべてがアキの嘘から始まったけれども、いつしかリコへの気持ちは本物の愛に変わり、周囲との確執も融解し、音楽への思いは一層深くなっていく。ところがクリプレのボーカル、瞬が家業(老舗洋菓子チェーン)を継ぐためにクリプレ活動休止を宣言! 怒濤(どとう)のクライマックスへ向かっていく……。4月26日(水)発売予定の第22巻は、雑誌で描ききれなかったエピソードが20ページ以上加筆される。カノ嘘ロスのファンならずとも見逃せない最終巻だ。

関連記事

ページトップへ戻る