〈私のコミック履歴書〉日髙のり子

2017年06月21日

大人になった南ちゃん

――かつて浅倉南の役で一世を風靡(ふうび)しましたが、『タッチ』という作品にはどんな思いを持っていますか。
日髙 声優としてこの世界で生きていく基礎を作ってくれた作品だと思っています。作品が大きかったことで、私の芸能生活においても南ちゃんというキャラクターはとても大きくて。この役がきっかけで、日本中の人に声を知ってもらったわけですから。

――当時、南ちゃんを演じる上で心がけたことは?
日髙 最初、活発に演じていたら「もっと抑えて」と言われたんです。「南ちゃんは怒っていても優しいんだから」と。それから、あだち充先生の作品はセリフが少なくて、短いセリフの中にも思いがこもっているでしょう。同じ「タッちゃん……」というひと言でも、期待をこめるのか、憂いを秘めるのか、呆れてるのか、切ないのか。状況に応じていろいろな思いをこめなくてはいけなくて、それがすごく難しかったんですけど、おかげで声優としてのスキルは鍛えられました。今でも『タッチ』で学んだものが声優としてのベースになっているな、と思うんです。

――現在連載中の『MIX』はそれから30年近く経った現代の明青学園を舞台にした作品です。
日髙 スポーツがあって、そこに恋愛も入っていて、すごくあだち先生らしい世界観ですよね。主人公の少年少女たちだけじゃなくて、両親やOBなど取り巻く人たちのドラマも見えてきて、さわやかで温かみのある作品だと思いました。明青学園の校舎、ユニホーム、町並み……。川が流れている高架下が描かれていると、「ここは南ちゃんが泣いていた場所では?」と思ったりね。描かれる風景も含めて、『タッチ』世代には懐かしい気持ちになります。

――特に好きなキャラクターはいますか。
日髙 やっぱり投馬くんかな。太陽みたいに元気で明るいのがいいです。一見、タッちゃんにも似てるんだけど、タッちゃんは明るいというよりも飄々(ひょうひょう)としたイメージでしょう。

――勢南高校にいた西村くんのように、『タッチ』に続いて登場している人物もいます。
日髙 そうですね。今では監督になっていて、そっくりの息子さんがいて。須見工は健丈高校という名前に変わったんですね。あれから新田くんがどういう道を歩んだのかも気になります。

――南ちゃんには登場してほしいですか。
日髙 どうだろう……。たとえば(キャッチャーの)孝太郎くんはおじさんになった姿も想像しやすくて、出しやすい感じはしますね(笑)。だけど、40代のタッちゃんと南ちゃんは想像がつかない……。出てきたとしても正面は向かないんじゃないかな。後ろ姿とか、首から下だけとか。あの後、ふたりが結婚したのかも気になるところです。理想を言えば、夫婦で「南風」をやっていて、青春ど真ん中の高校生たちを慰めたり励ましたりしていてほしいですけど。

――もともとマンガは読むほうですか。
日髙 はい、大好きです。小学生のときは『ガラスの仮面』。演劇に興味があったので、(ヒロインの)北島マヤにあこがれました。弟が持っていた少年マンガもたくさん読みましたよ。『うしろの百太郎』『柔道讃歌』『空手バカ一代』……。

――中学、高校時代は?
日髙 中学では『ベルサイユのばら』が女子の間で大ブームで。『はいからさんが通る』も好きだったし、『小さな恋のものがたり』はポエムっぽいナレーションが中学時代の自分のど真ん中でした。高校生のころは陸奥A子先生の描くはかなげな女の子にあこがれました。自分にないものにあこがれたんでしょうね(笑)。私は声優になってからも活発な役のほうが多かったですから。
――活発といえば、今まで演じた役の中では『らんま1/ 2』のあかねが一番自分に近いとか?
日髙 そうですね。あかねちゃんは思いを秘めるタイプじゃなくて、お腹の中に何も溜(た)めない女の子でしょう。演じていてダメ出しをもらうことも少なかったし、スカッとして明るい感じがすごくやりやすくて気持ち良かったです。男子に人気の南ちゃんに対して、あかねちゃんは女子の人気が高いんですよ。

――出演されたアニメで、特に印象に残っている作品はありますか。
日髙 ゆかりちゃんの役をやった『炎の転校生』は笑いました。主人公の滝沢くんは自信に満ちあふれているときと落ち込むときの落差が激しくて、マイナスのエネルギーをパンチ力に変えているというか(笑)。島本和彦先生とテニスをしたことがあるんですけど、ご本人もテンションが高い方なんです。プレー中にも「次で決める!」とか「許さん!」とか、マンガのようなセリフをそのまま叫ぶのでおかしくって。

    ◇

ひだか・のりこ(声優)
1962年、東京都生まれ。『タッチ』『となりのトトロ』『犬夜叉』など、多くのアニメに出演。今月、山寺宏一・関俊彦とのユニット「バナナフリッターズ」でCD『あのね』『BF55 BANANA BOX!!! 極撰』を発売した。

関連記事

ページトップへ戻る