あさひなぐ [作]こざき亜衣

2017年09月20日

©こざき亜衣/小学館

■強い人になる! 薙刀(なぎなた)にかけた少女たちの青春

 東島旭(とうじまあさひ)は二ツ坂高校の1年生。背が低く、中学時代は美術部で決して運動は得意ではないが、一念発起して薙刀部に入部する。薙刀マンガというのはおそらく史上初だろう。「のび太くんタイプ」のメガネっ娘を主人公にした本格スポーツマンガというのも珍しい。
 初心者の主人公が何か非凡な才能を秘めているというのがスポーツマンガの定番だが、旭はそんな都合のいいものは持っていない。地道な努力を重ねながら一歩ずつ強くなっていく姿が実にリアルだ。体格にも才能にも恵まれなくても、ひたむきにがんばり続ける旭は、誰もが応援せずにいられなくなるだろう。
登場人物はほとんど薙刀部の女子高生で、男性はお笑い担当の小林先生など数人程度。スネを打たれてアザだらけの足になっても、男子の目など気にしない。純粋に「部活に完全燃焼する女子高生の青春」が描かれていく。確かに、こんな女子高生だってたくさんいるに違いない。
 いよいよ9月22日から実写映画が公開! 旭役の西野七瀬をはじめ、二ツ坂のエース宮路真春(みやじまはる)役の白石麻衣、ライバル校の一堂寧々(いちどうねね)役の生田絵梨花など、主要キャラを「乃木坂46」で固めたキャスティングも話題を呼んでいる。
    ◇
「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中

関連記事

ページトップへ戻る