ミステリーから恋愛小説まで!勢い止まらない東野圭吾特集 楽天ブックス

数々の賞を受賞し、日本を代表するミステリー作家である東野圭吾。その魅力は、【誰もが楽しめるストーリー展開】【天才的な文章構成】【深みのある人物描写】そして【作品ごとに全く異なるテーマ】など語りつくせません。時には胸がしめつけられるような恋愛もの、社会に呈す問題提起ものなど、東野圭吾の小説はミステリー小説という枠を超えて愛されています。また、小説の実写映画化・ドラマ化を牽引してきた作家ともいえるでしょう。今、ますます勢いを増す東野圭吾の小説を紹介します。(宮川彩子/楽天ブックス)

【PRスペース】楽天ブックスで注文、正午までのご注文は当日中に出荷!最短“翌日”にお届け!送料無料・楽天ブックス

人魚の眠る家

東野圭吾自身が「このような物語を自分が書いてよいのか、今も悩んでいる」というほど、辛く過酷な運命に立ち向かう母を描いた、家族の物語。もし愛する人が脳死と判定されたら、あなたはどうしますか。圧倒的リアルで描写する、ミステリーとは一線を画した社会派小説です。

流星の絆 (講談社文庫)

東野圭吾を代表する作品のひとつ。完璧ともいえる伏線や、精到な人物描写に圧倒されます。美しい兄妹の愛、そして家族の愛が胸に迫ります。そしてきっと読了後、ハヤシライスが食べたくなるでしょう。

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

チェイス・・・・追跡する、追う――。殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実はアリバイを証明するため、彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを探しに行くが・・・・。広大なゲレンデを舞台に繰り広げられる、ノン・ストップサスペンス!予想外の展開の連続で、一気読み確実です。

恋のゴンドラ

雪山で動き出す8人の恋。この恋の行方は、天国か地獄か――。恋は、事件よりも難しい!?男と女とは、永遠に通底し合えないミステリーなのかもしれません。いきいきとした人物描写も巧みで、感情移入しながら読んでしまうことでしょう。

サンタのおばさん

東野圭吾が綴る、サンタの話。あなたがイメージするサンタは、白いひげを蓄えた、異国の地のおじさんでしょうか。単なる物語ではなく、日本と世界との関係、男女の社会進出など、煩瑣した社会問題について考えさせられることでしょう。最後はほっとする結末。イラストも添えられているので高学年のお子さまにもおすすめ。

Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ