名作ずらり!読んでみたい作品が勢ぞろい。芥川賞・直木賞特集! 楽天ブックス

 あの太宰治も受賞を果たせなく涙をのんだ、間違いなく文学賞の極点といえる、【芥川賞】。大衆文学に贈られるとされている【直木賞】。ベテラン作家に贈られることも多く、作品の面白さはお墨付きといえるでしょう。どちらも見逃せない作品ばかりです。
(宮川彩子/楽天ブックス)

【PRスペース】楽天ブックスで注文、正午までのご注文は当日中に出荷!最短“翌日”にお届け!送料無料・楽天ブックス

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

第156回 直木賞受賞作。ピアノコンクールへ挑む、年齢も性別も育った環境も異なる人物たちの群像劇。文章の表現が素晴らしく繊細、かつ明解でいっきに読んでしまいます。心にじんと迫る感動を与えてくれる本著は、恩田陸さんの、新たな最高傑作といえるでしょう。

切羽へ (新潮文庫)

切羽へ(新潮文庫)

第139回 直木賞受賞作。どうしようもなく惹かれてしまう、夫を愛しているのに――。これぞ大人の恋愛小説といえる本著!島の美しい情景と、移りゆく心情が重なり、巧緻 な輝きを放っています。

火花 (文春文庫)

火花(文春文庫)

第153回 芥川賞受賞作。大きな話題となったお笑い芸人・又吉直樹の小説家デビュー作がついに文庫化。映像化もされ、その勢いは増すばかり。芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」も収録!

海の見える理髪店

海の見える理髪店

第155回 直木賞受賞作。もしも「あの時」に戻ることができたなら――。誰もが願う、過去への冀望。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠い、永遠のようで、儚い家族の日々を紡ぐ物語たち。人生に必ず訪れる、喪失の痛みとその先の光が涙を誘います。

妊娠カレンダー (文春文庫)

妊娠カレンダー(文春文庫)

第104回 芥川賞受賞作。【博士の愛した数式】などで知られる小川洋子のデビュー作!出産を控えた姉に薬のはいったジャムを食べさせる妹-。妊娠をきっかけとした女性たちの心の揺らぎを描く。人物たちの心の葛藤の描写、言葉選びの巧みさを感じさせます。

Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ