夏の終わりの怪談特集

残暑の蒸し暑さは残るものの、吹く風に秋の気配が漂いだしたこのごろ。夏バテ気味のあなたにもぴったりの滋味ある怪談話を。

おそろし 三島屋変調百物語事始

おそろし 三島屋変調百物語事始 著者:宮部 みゆき、小泉 英里砂 出版社:角川グループパブリッシング

17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…哀切にして不可思議。宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

新耳袋―現代百物語〈第六夜〉

新耳袋―現代百物語〈第六夜〉 著者:木原 浩勝、中山 市朗 出版社:メディアファクトリー

   現代の怪異談を収集した「新耳袋」シリーズの第6集。今回は「守」「来」「音」「話」「現」「視」「異」「妖」「居」の9つのキーワードに分類された99話が収録されている。本書が、他の実話怪談本と一線を画しているのは、余計な脚色や解釈をいっさい省略し、取材に基づいた事実のみを淡々とつづっている点だ。

   たとえば「塩」という短い話。新築の家に越して3か月ほどたったころ、家に帰ると部屋中に塩がまかれている。理由を聞いても両親は何も教えてくれない。やがて数日が過ぎ母親が「おさまりましたねえ」と一言。それに父親が「ああ」と答え、話は唐突に終わる。そこには、読み手を恐怖に陥れようといった作為はみじんも感じられない。しかし、それゆえに圧倒的なリアリティーが行間から漂ってくる。ドアの下のすきまからのぞく足、玄関にたたずむ真っ赤な人影、つぶれたホテルでひと部屋だけともる明かり…。99の奇怪な話は、日常と非日常の境界をあやふやにする異界への扉だ。

   本書のタイトルは、世の中の怪談・奇談を1000あまりも記録した根岸鎮衛(やすもり)の著作『耳袋』に由来する。江戸南町奉行を17年つとめた根岸の『耳袋』は、同時に庶民の風俗を写し取ったものでもあった。「百物語が完成すると怪異が起こる」というのは有名な話であるが、本書にも「一晩で完読すれば怪異が訪れる」といった噂がまことしやかにささやかれている。(中島正敏)

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ページトップへ戻る