ジョブズが読んだ本

 伝記(講談社刊)が日本でもたちまち100万部を突破するなど、死後ますます注目を集めるスティーブ・ジョブズ。同書からは、決して熱心な読書家ではなかったが、人生の節目でさまざまな書物の影響を受けていたことがわかる。
 たとえば、一時は永平寺への出家すら考えたというほど傾倒し、生涯にわたって信仰した仏教の本。あるいは超自然的な力やドラッグの効用を説いて1960~70年代の世界を席巻したニューエイジ思想のバイブル。さらに、アップル製品を貫く美学と響き合う古典文学作品など。
 伝記に登場した書籍と関連書(★を付した)から、時代を変えた起業家・ジョブズの発想の源流をたどってみよう。

みんなのしおり.jp」 『スティ-ブ・ジョブズ』WEBで投稿スタート!!(http://minnanoshiori.jp/)

禅マインドビギナーズ・マインド

禅マインドビギナーズ・マインド 著者:鈴木俊隆、松永太郎 出版社:サンガ

ジョブズの禅の師が書いた入門書

 ジョブズは若い頃から禅に傾倒し、はじめサンフランシスコ・ゼン・センターを開いた僧侶・鈴木俊隆氏に、のちその弟子の乙川(知野)弘文氏に師事した。1991年、ジョブズの結婚式は、乙川氏の司会のもと、仏式で執り行われた。本書は鈴木氏の主著。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

弓と禅

弓と禅 著者:オイゲン・ヘリゲル、稲富 栄次郎、上田 武 出版社:福村出版

弓道通し禅の精神に接近

 1924年から約6年間、東北大の講師として日本に滞在したドイツの哲学研究者が、禅を理解するために弓道を極めようとした記録。阿波研造を師とし、弓は私が射るのではなく、「それ」が射るのだという神秘的な境地を会得するまでを、自らの西洋哲学の合理性に照らしながら描いている。半世紀以上欧米社会や日本で読み継がれ、禅への関心をかき立てたという(★)。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本 (mind books)

ビー・ヒア・ナウ―心の扉をひらく本 (mind books) 著者:ラム・ダス、ラマ・ファウンデーション、吉福 伸逸、スワミ・プレム・プラブッタ、上野 圭一 出版社:平河出版社

ヒッピー世代の「聖書」

 ハーバード大学の心理学教授、リチャード・アルパートはインドに渡り、聖人ニーム・カロリ・ババと出会い、さまざまな神秘体験を経験する。その後「ババ・ラム・ダス」と改名して帰国、ヨガ、禅、瞑想を混ぜ合わせた独特の思想を唱道する。本書はこうした経験を描いた半自伝的な啓蒙の書で、ヒッピー世代の聖書と呼ばれた。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

あるヨギの自叙伝

あるヨギの自叙伝 著者:パラマハンサ・ヨガナンダ 出版社:森北出版

ニューエイジ時代の若者に人気

 ヨガの聖者(ヨギ)、ヨガナンダが自身の人生を、インドの歴史を彩った聖者たちの行跡とともにふりかえった自伝。『ビー・ヒア・ナウ』同様、ニューエイジの若者たちの必読書として人気があった。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト

地球の論点 ―― 現実的な環境主義者のマニフェスト 著者:スチュアート ブランド、Stewart Brand、仙名 紀 出版社:英治出版

『ホール・アース・カタログ』の続編

 ジョブズが愛読した『ホール・アース・カタログ』発行人の近著。都市化や貧困、エネルギーなど、一刀両断にはできない現代社会の問題を、「現実的環境主義」の視点から考察、科学技術をフル活用した解決策を提案する。原発推進派であるなど、一般的な自然保護論とはひと味違う環境主義者のマニフェスト(★)。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press) 著者:クレイトン・クリステンセン、玉田 俊平太、伊豆原 弓 出版社:翔泳社

影響与えた経営理論

 ユニークな起業家でありながら経営学への関心は薄かったように思えるジョブズ。直接ジョブズが影響を受けたとして伝記が言及している経営学の専門書は本書のみ。技術革新に優れた大企業が落ち込んでしまうジレンマ。それは既存の優秀な技術に適合した社内体制が、新技術に適応できないことに起因する。成功が失敗を引き寄せる恐ろしい背理を指摘し、広く読まれた経営学の古典である。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

白鯨 上 (岩波文庫)

白鯨 上 (岩波文庫) 著者:ハーマン・メルヴィル、八木 敏雄 出版社:岩波書店

アメリカ文学の最高峰

 ジョブズは自分の生涯の役割を「文系と理系の交差点、人文科学と自然科学の交差点をつくること」と見定めていた。人文科学に関して、特に好んで引き合いに出したのがこの『白鯨』と『リア王』、そしてディラン・トマスの詩だった。
『白鯨』は、19世紀アメリカ文学の最高峰とされ、『嵐が丘』『リア王』とともに英語で書かれた3大悲劇とも言われる。白鯨モービイ・ディックに片足を奪われ、復讐に燃えるエイハブ船長率いる捕鯨船に乗り込んだ船員・イシュメールが語る、鯨との戦いの顛末。雄大な海洋冒険小説であると同時に聖書から現代政治まで複層的に取り込んだ物語になっている。なおコーヒーチェーンの「スターバックス」は本書に登場する、エイハブ船長に抵抗しようとする一等航海士の名前に由来する(新潮文庫、講談社文芸文庫からも邦訳あり)。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

リア王 (新潮文庫)

リア王 (新潮文庫) 著者:ウィリアム シェイクスピア、William Shakespeare、福田 恆存 出版社:新潮社

シェイクスピアの傑作悲劇

 シェークスピアの4大悲劇の一つ。ブリテンの王リアは引退に際し、3人の娘に領地を分割して与えようとする。上二人の娘は甘言を弄して彼に取り入るが、末娘は率直な物言いが逆鱗にふれ、勘当される。しかし姉たちは領地を手に入れるやリアを虐待するーー人間の業を描き、シェークスピア作品の中でも最高傑作の誉れ高い名作(光文社古典新訳文庫などからも邦訳あり)。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ディラン・トマス全詩集

ディラン・トマス全詩集 著者:ディラン・トマス、Dylan Marlais Thomas、松田幸雄 出版社:青土社

ジョブズが愛した詩人

 欧米における「(自由)詩」の存在感は日本からは想像しがたいが、米国大統領就任式など、さまざまな機会に垣間見ることができる。中でもジョブズの贔屓だったのがディラン・トマス。ウェールズ出身の詩人で、豊穣なイメージと詩想に富んだ作風が、特にアメリカで評価された。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ページトップへ戻る