心に響くあの人の名言

 人生の岐路に立ったとき、重大な判断に迷ったとき、先人の知恵に助けられることがあります。
 変化の激しい時代には、古い時代の知恵ばかりでなく、少しだけ前を行く人の新しい見方も大切です。マンガやロックなどのポップカルチャーの中にも「名言」と呼ぶべきものが少なくありません。
 新天地や新境地で戸惑いやすい春に、気分転換もかねて読んでみたい名言集を集めてみました。

心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉

心に突き刺さるショーペンハウアーの言葉 著者:アルトゥール・ショーペンハウアー、金森誠也、金森 誠也 出版社:PHP研究所

■ドイツ青年の心をつかんだ人生哲学

 19世紀ドイツの哲学者、ショーペンハウアーといえば厭世的な哲学を説いた人、と中学や高校の教科書には書いてある。同時代のヘーゲルの影に隠れ、不遇な人生を送ったとも。しかし晩年、主著『意志と表象としての世界』への追補として書いた『付録と補遺』(1851年)は、人生いかに生くべきかをわかりやすく説き、ドイツ三月革命の失敗にうちひしがれたドイツ青年の心をつかみ、ショーペンハウアー思想への評価を一気に高めた。本書はこうした「人生哲学家」としてのショーペンハウアーの名言をテーマ別に編纂している。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

超訳 ニーチェの言葉

超訳 ニーチェの言葉 著者:白取 春彦 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

■ニーチェの陽気な側面

 19世紀末に生きた哲学者ニーチェの思想は、死後ヨーロッパ中に広まり、文学、音楽、政治など、思想界以外にも大きな影響を及ぼした。反語、隠喩、警句を駆使したその文体は、ドイツ語表現の極北ともいわれ、賞賛されたが、様々な解釈を許し、そこが魅力であるとともに危険でもあった。後にナチス・ドイツに利用されたのもこの「曖昧さ」である。ニーチェ思想には底抜けに明るい楽天家と世界を破壊するほどに暗い厭世家が独特な論理で同居している。本書はニーチェの著作の中から、前者の側面を表す名言を抜き出し、訳者の解説を加えた本。ニーチェの名言集というには訳者の思想が前面に出過ぎているという声もあるが、生きづらさを感じた時などに読むと勇気が出そうな言葉が並んでいる。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ラ・ロシュフコー箴言集 (岩波文庫 赤510-1)

ラ・ロシュフコー箴言集 (岩波文庫 赤510-1) 著者:二宮フサ 出版社:岩波書店

■箴言集の古典

 世に名言・箴言・格言の類は数多いが、発想のルーツをたどればいくつかの源流に行き着く。西洋世界ではギリシア・ローマの古典、聖書、シェイクスピア、ゲーテなどが定番だが、それらと並んで引用されることが多いのが本書だ。著者ラ・ロシュフコーは16世紀フランスの貴族で、軍人、政治家としての挫折体験で得たペシミスティックな人間観を当時流行の箴言集の形にまとめ、モラリスト文学の最高傑作と評された。「われわれの美徳は、ほとんどの場合、偽装した悪徳に過ぎない」という冒頭の一句が有名。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫)

新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) 著者:アンブローズ ビアス、Ambrose Bierce、西川 正身 出版社:岩波書店

■ジャーナリストの毒舌

 19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したアメリカの作家・ジャーナリスト、アンブローズ・ビアスは当時最高の名文家といわれ、エドガー・アラン・ポー、O・ヘンリーと並ぶ短編小説の書き手として、日本では芥川龍之介が心酔したことで知られる。ジャーナリストとしては強烈な毒舌と反骨精神で、イエロー・ジャーナリズムの創始者、ハーストと組んで様々なスクープやスキャンダルを引き起こし「ビター・ビアス」と呼ばれた。本書はフローベールの『紋切り型辞典』アラン『定義集』などとともに、「辞書の形をとった箴言集」として様々な名言集に引用されている定番的書物。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

とっさのマルクス―あなたを守る名言集

とっさのマルクス―あなたを守る名言集 著者:的場 昭弘 出版社:幻冬舎

■マルクスの鋭い名言

 マルクス主義思想を生み出し、20世紀の歴史に大きな爪痕を残した哲学者・経済学者カール・マルクスは、ジャーナリストとしてキャリアをスタートさせ、斬新な視点で現象を切り取る手腕で評価された。後の理論的な著作においても、読む者をはっとさせる印象的な表現を多数目にすることができる。マルクスは何よりもまず有能な「書き手」であった。本書はマルクスの文献から、生き方の指針として役立ちそうな名言を抜き出し、解説を加えたもの。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

アインシュタインにきいてみよう 勇気をくれる150の言葉

アインシュタインにきいてみよう 勇気をくれる150の言葉 著者:アルバート アインシュタイン、弓場 隆 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

■ユーモア精神にあふれたアインシュタイン

 20世紀を代表する物理学者、アインシュタインは、特許局の審査技師の仕事の合間に書いた論文が認められるまで、学業も就職も挫折続きであり、名声を得てからも、離婚、戦争、亡命など、起伏の多い人生を送った。明晰な思考力で謦咳に接した誰をも感嘆させる一方で、ユーモア精神においても卓絶したものがあり、本人による発言かどうか怪しいものも含めて、多数の名言を残したことでも知られる。本書はそんなアインシュタインの名言集の一つ。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや

寺山修司名言集―身捨つるほどの祖国はありや 著者:寺山 修司 出版社:パルコエンタテインメント事業局

■心にすっとしみこむ名言たち

 歌人・詩人・劇作家・小説家・映画監督の寺山修司の著作は、名言の宝庫としても知られる。寺山自身も他者の名言を収集した本を出している(『ポケットに花束を』角川文庫)し、寺山の名言を集めた本も過去に出版されている(『寺山修司名言集』新潮文庫)。本書は寺山の全作品に取材した決定版。紙の本ならではの美麗な装丁が中身とマッチしており、いつまでも書棚にとっておきたくなる。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ロック・ミュージシャン名言集

ロック・ミュージシャン名言集 著者: 出版社:シンコーミュージック

■ロックの精神を胸に刻む

 ロックとは何か。百万人に問えば百万通りの答えが返ってきそうだが、ある「メッセージ」を持った「スタイル」のことであることは間違いないだろう。この二つが、社会とのズレや違和感を抱えた魂と出会うとき、そこにロックが生まれる。本書はインタビューや著書などからロック・ミュージシャンたちの「メッセージ」を抜き出した名言集。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ドラことば心に響くドラえもん名言集

ドラことば心に響くドラえもん名言集 著者:小学館 ドラえもんルーム 出版社:小学館

■名シーンがよみがえる名言集

 まんが「ドラえもん」から、声優、読者、編集部、作家が選んだ名セリフの数々を集めた本。当初最終回として描かれた「さようなら、ドラえもん」(てんとう虫コミックス版6巻に収録)での、主人公のび太のけんか(ドラえもんを安心して未来へ帰すために、ジャイアンに独力で挑む)、のび太とヒロインの結婚式前夜(てんとう虫版25巻)など、ファンなら感涙間違いなしの名シーン、名言が満載。

  • ブックアサヒコム書店
  • アマゾン
  • 楽天
  • 紀伊国屋
  • TSUTAYA

ページトップへ戻る