追悼・山崎豊子さん

 「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、社会問題に鋭く切り込んだベストセラー小説で知られる作家の山崎豊子(やまさき・とよこ=本名杉本豊子〈すぎもと・とよこ〉)さんが29日、死去した。88歳だった。
 スケールの大きな社会派小説はその多くが映像化され、2000年代に入っても代表作がリメークされるなど、時代を超えて支持された。その代表作や自作を振り返った「山崎豊子 自作を語る」シリーズなどを紹介する。
 2010年に朝日新聞に答えたインタビューはこちらから

関連特集記事

ページトップへ戻る