火山・地震の本

 2015年初夏、鹿児島県の口永良部島の新岳が噴火、住民が避難しました。近年は、長野・岐阜県境の御嶽山の噴火で大きな被害が出たほか、神奈川・箱根の大涌谷などでも火山活動の活発化が指摘されています。日本は犯罪などの「人災」が少ない一方、自然災害は多い国なのかもしれません。火山や地震に関する本を集めてみました。

関連特集記事

ページトップへ戻る