芥川賞候補になった人の本

 第153回芥川賞・直木賞(日本文学振興会)の候補作が発表されました。芥川賞の候補作には、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんのベストセラー小説「火花」(文学界2月号)も入りました。選考会は2015年7月中旬に開かれます。芥川賞の他の候補は次の通りです。
 内村薫風「MとΣ」(新潮3月号)▽島本理生「夏の裁断」(文学界6月号)▽高橋弘希「朝顔の日」(新潮6月号)▽滝口悠生「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」(新潮5月号)▽羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」(文学界3月号)
 芥川賞の候補になった人たちの本を集めてみました。

関連特集記事

ページトップへ戻る