スペシャルコンテンツ

2017年11月29日

これからの時代に求められる書店と新聞のつながり

 書店は、本を読者へダイレクトに届ける窓口です。  池袋に本店を置き、日本最大級の売り場面積を誇るジュンク堂書店の田口久美子さんは、20年前のオープン当初からジュンク堂書店の書店員として業界と共に歩んで来ました。  そん………[もっと読む]

2017年11月01日

ライバル多数、電車の読書

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  最近、特に小説がなかなか読み進まない。自分は読書は主に通勤の電車の中でするのだけれど、ここ数年、行きは眠いし混んでいるので音楽を聴いているし、帰りは疲れているのでついついスマホで………[もっと読む]

2017年09月25日

未来に読み継がれる絵本を 未来屋書店えほん大賞

 全国38都道府県で、イオンモールなど各地の大型商業施設を中心に約340店舗を展開する未来屋書店が、今年、「未来屋書店えほん大賞」を創設。第1回大賞に「ノラネコぐんだんそらをとぶ」(工藤ノリコ作 白泉社)が決定した。賞を………[もっと読む]

2017年08月30日

インスタ映えする書店!? 三省堂書店有楽町店

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  このところ、世の中“インスタ映え”が話題である。SNSのインスタグラムなどには、写真映えして目に止まるようないわゆる“フォトジェニック”な画像が溢れている。  飲食店で料理をひた………[もっと読む]

2017年07月27日

どうする? 本の引っ越し 三省堂書店有楽町店

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  突然ですが、「本は凶器である」と最近思いました。正確には、「“大量の本”は凶器である」と言うべきか…  またまた個人的な話で恐縮ですが、先日、実家の片付けのために里帰りしました。………[もっと読む]

2017年06月28日

埋もれた本を発掘 店長のオススメ!コーナー 三省堂書店有楽町店

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  今回は店内のコーナー紹介です。その名も「店長のオススメ!」コーナー。  JR有楽町駅の真ん前の東京交通会館の正面1・2階(新幹線で東京駅を出発するとすぐに見えます)という、普通に………[もっと読む]

2017年06月07日

コンピューターでは得られない情報を ジュンク堂書店池袋本店

■開店20年  「書棚を見ていると、日本のあらゆる知識や文化がここにあると思うんです」   ジュンク堂書店池袋本店副店長の田口久美子さんは、愛おしそうに店内の書棚を見つめながら、そう語る。  田口さんは書店員の大ベテラ………[もっと読む]

2017年05月30日

創業百年超 本との出会いを演出 有隣堂伊勢佐木町本店

■昭和レトロの香り漂う店舗  有隣堂伊勢佐木町本店(以下、本店)は、わくわくする本との出会いを演出してくれる書店だ。  伊勢佐木町の商店街に入ってすぐの場所にある本店は、神奈川県を中心に首都圏で展開する有隣堂の旗艦店だ………[もっと読む]

2017年05月30日

読み返してぼろぼろになった『冒険スパイ小説ハンドブック』 三省堂書店有楽町店

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  折角このようなコーナーに文章を書く機会をいただいているので、人気作家の新刊や話題の本を紹介した方がよいのかもしれませんが、そういう本はもっと紹介が上手い人があちこちで取り上げると………[もっと読む]

2017年04月26日

書店員の知恵が詰まったフェア 三省堂書店有楽町店

■三省堂書店有楽町店店長 牧野優さん  書店では、大小様々なフェアを開催している。  棚1段で数点のこじんまりしたミニフェアから、催事スペースなどを使って数百点を揃えた大規模なものまで色々なパターンがある。  有楽町店………[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る