アントナン・カーレムゆかりの地 写真展とパネル展示

2017年05月10日

 日本アントナン・カーレム協会(会長=フレデリック・チバ氏)では、「アントナン・カーレムゆかりの地写真展とパネル展示」を開催します。
 18世紀から19世紀、フランス革命期に活躍し、今日のフランス料理の基礎を築いた「シェフの帝王」アントナン・カーレムのゆかりの地を写真でたどりながら、「食」を通して人類を結んできた先人のエスプリ(精神)を継承し、日仏の文化交流を一段と進める催しとして参ります。
 本展は、まず昨年5月にパリで開催されました。フランス革命期から、料理で要人をもてなす席は外交の舞台となり、その最前線を指揮したカーレムは、知恵と技術で外交戦に尽力しました。彼の業績を今に伝える史跡の写真や、ゆかりの品々なども展示され、フランス文化の源流と精神に触れる内容となっています。

 ◆日時:2017年5月17日(水)~5月18日(木)
午前10時~午後5時 展示の見学ができます
 ◆場所:大東カカオ株式会社 本社ビル5階
東京都目黒区下目黒2-3-23 TEL03-3492-2288

<提供 第三文明社>

関連記事

ページトップへ戻る