タンザニアの絵本作家 ジョン・キラカさんが来日!

2017年07月25日

『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』

 「国際アンデルセン賞・IBBY推薦図書展」講演会・アフリカ編として、ティンガティンガ派のアーティストで、マルチな才能の持ち主のジョン・キラカさんによる「タンザニアの絵本作家キラカさんがやってくる!」が開催されます。
 キラカさんはタンザニアの絵本作家、画家、ストーリーテラー。1966年生まれ。幼いころから地面に絵を描くのが好きで、農業、狩猟、漁業に従事しながら、「ヴィレッジ・ミュージアム」でティンガティンガ派の画家チャウガンカから絵を学び、独自の画風を確立しました。初めての絵本『チンパンジーとさかなどろぼう』(若林ひとみ/訳 岩波書店 2004年6月)をスイスの出版社から刊行。『いちばんのなかよし』(さくまゆみこ/訳 アートン 2006年7月)は2005年ボローニャ国際児童図書展ニューホライズン部門でラガッツィ賞を受賞しました。2017年7月、タンザニア南西部に暮らすフィパ人の語りから生まれた3冊目の絵本『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』(さくまゆみこ訳 西村書店)が出版されます。

■ミニレクチャーとワークショップ「アフリカを楽しむ子どもの本展とミニレクチャー」
日時:8月4日(金)10時~16時
会場:青山学院女子短期大学学食
   東京都渋谷区渋谷4-4-25
対象:どなたでも 定員なし 無料
※ワークショップ(14時~16時 青山学院女子短期大学図工室)は小学生対象(要申込30人・参加費1000円)

■ 講演会「アフリカの豊かな語りと絵本づくり」
日時:8月5日(土)18時~20時(17時半受付開始)
会場:東京ウィメンズプラザ
   東京都渋谷区神宮前5-53-67
聞き手:さくまゆみこ氏(翻訳家/JBBY会長)
通訳:岩井雪乃氏
対象:中学生以上150人(申込み先着順)
参加費:1000円(当日精算)

お問い合わせはJBBY 03-5228-0051 まで

★西村書店HP
http://www.nishimurashoten.co.jp/book/archives/9062

関連記事

ページトップへ戻る