【受付終了】池澤夏樹=個人編集 日本文学全集『源氏物語 上』刊行記念 角田光代×池澤夏樹トークショー『「源氏物語」を訳すということ』

2017年08月28日

『源氏物語』

角田光代さん/ (C) KIKUKO USUYAMA

池澤夏樹さん

 ※ご好評につき定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。参加者には9月中旬に聴講券を郵送します。たくさんのご応募をありがとうございました。

 「日本文学全集」第4巻『源氏物語 上』(河出書房新社)で新訳を担当した角田光代さんと、全集の個人編集を務める池澤夏樹さんが、「『源氏物語』を訳すということ」をテーマに語り合います。
 2014年11月に池澤さん訳『古事記』から刊行が始まった「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」。その最後を飾る角田さん訳『源氏物語』(全3巻)が今年9月から刊行されます。
 千年の時を経て読み継がれる「源氏物語」。この壮大な物語の新訳に取り組んだ角田さんは、「私ごときが何をしてもまるで動じないだろう強靭な物語だと知った」と寄せています。
 『源氏物語 上』は9月11日より刊行。かつて現代語訳を手がけた瀬戸内寂聴さん、『あさきゆめみし』の大和和紀さんが月報を担当、帯写真を荒木経惟さんが手がけています。初回特典として、源氏かおり袋つき特製しおりが封入されます。

イベント:河出書房新社・池澤夏樹=個人編集 日本文学全集『源氏物語 上』刊行記念
     作家LIVE 角田光代×池澤夏樹 「源氏物語」を訳すということ


日時:2017年10月6日(金) 開場18時30分/開演19時(終演は20時半ごろ予定)
出演:角田光代さん、池澤夏樹さん
会場:中之島会館(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階)
  <地下鉄利用の場合>
  京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結、地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結、地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分
  <JR利用の場合>
  JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分、JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分
定員:270人(先着順。参加者には聴講券を発送します) ※1応募1名参加
参加費:無料
申し込み方法:インターネットまたははがきで受付
【インターネット】朝日イーポスト( https://que.digital.asahi.com/epost )で受付中。
【はがき】郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、〒104・8665東京・晴海郵便局私書箱303号「作家LIVE10月」係 へ。
お問い合わせ:朝日新聞社メディアビジネス局「作家ライブ8月」係 03-5540-7749(平日午前11時~午後6時)

<出演者プロフィール>

●角田光代
 1967年、神奈川県生まれ。著書に『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『空中庭園』(婦人公論文芸賞)、『対岸の彼女』(直木賞)、「ロック母」(川端文学賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)、『紙の月』(柴田錬三郎賞)など多数。

●池澤夏樹
 1945年生まれ。作家・詩人。88年『スティル・ライフ』で芥川賞、93年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、2010年「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」で毎日出版文化賞、11年朝日賞、ほか多数受賞。他に『カデナ』『アトミック・ボックス』など。

関連記事

ページトップへ戻る