イベント

2018年05月22日

『さよなら未来』刊行記念 若林恵×畑中章宏トークショー「編集者が文章を書くとき」開催

 民俗学者・畑中章宏と、初著書『さよなら未来』を岩波書店から刊行したばかりの「WIRED」日本版前編集長・若林恵。二人は、ともに書き手でありながら編集者でもあり、今はなき雑誌「月刊太陽」のOBでもあります。編集業と文筆業………[もっと読む]

2018年05月18日

広辞苑大学×神保町ブックセンター トークセッション「鳥たちは自分の名前を知らない」開催

 岩波書店から『広辞苑』の第一版が刊行されたのは、1955年5月25日。いまでは「広辞苑の日」「広辞苑記念日」としてメディアの話題になることも多い、記念すべき5月25日に、神保町ブックセンターとの共催で、広辞苑大学を開講………[もっと読む]

2018年05月18日

東京大学校友会×東京大学出版会 『学び続ける』シリーズ第8回 公開セミナー 丸山眞男の講義 政治思想史家丸山眞男は講義を通して何を訴えようとしたか 『丸山眞男講義録』[別冊一][別冊二](東京大学出版会)刊行を機に考える

 「私が乏しいながらも、本書の論文で意図したことは〔中略〕学問的思考を「坊主」〔職業的学者・研究者〕の専売から少しでも開放すること」──丸山眞男(1914-96)がこのように記したのは、同時代批評の論集『現代政治の思想と………[もっと読む]

2018年05月09日

岩波新書創刊80年記念 新宿地区連動企画 第2弾 岩波新書編集長と編集部員が語る“B面の岩波新書編集部”開催

 「新書」誕生80年を記念し、トークイベント“B面の岩波新書編集部”がブックファースト新宿店で開催されます。岩波新書編集長と編集部員を迎え、普段聞けない“岩波新書編集部のB面(裏側)”の話や“「新書」とは何か。どう読むべ………[もっと読む]

2018年05月02日

明日どこへ行こうかな?渡辺憲司先生と行く大人旅 ~『いのりの海へ』(婦人之友社)出版記念講演会~

 『いのりの海へ』(婦人之友社)出版を記念して、渡辺憲司さんによる講演会が開催されます。  「裏切られることさえも旅の醍醐味です」と豪語する著者が語る、旅の「極意」。ぶらりと思い立って、西へ東へ、ブラタモリならぬ、ブラケ………[もっと読む]

2018年05月02日

「人生に、文学を」オープン講座、第11講「近代小説の技法をめぐって」、講師に奥泉光さんを迎え、早稲田大学小野記念講堂にて開催

 日本文学振興会の主催する「人生に、文学を」オープン講座は、文学に触れることの楽しさと、そこからもたらされる豊かさについて、参加者が作家とともに考える場です。文学は、人生と無関係なものではありません。本講座に参加して、改………[もっと読む]

2018年05月02日

「人生に、文学を」オープン講座、第12講「東京のアップ&ダウン~小説で街を描く」、講師に石田衣良さんを迎え、ゆいの森あらかわ(荒川区立中央図書館)にて開催

 日本文学振興会の主催する「人生に、文学を」オープン講座は、文学に触れることの楽しさと、そこからもたらされる豊かさについて、参加者が作家とともに考える場です。文学は、人生と無関係なものではありません。本講座に参加して、改………[もっと読む]

2018年05月01日

都市の物語を読み解く 『県都物語』発売記念 トークイベント&サイン会

 『県都物語』(有斐閣)の発売を記念して、トークイベント&サイン会が開催されます。  東京大学工学部の人気授業から『県都物語』の読者にむけて特別にリミックス。一人ひとりの人間のルックスがちがうのと同じく、まちにも今の格好………[もっと読む]

2018年04月24日

新シリーズ「須賀敦子の本棚 全9巻」刊行記念 池澤夏樹トークイベント開催 〜新たなる須賀敦子の世界〜

 1990年、61歳で衝撃のデビューを飾った須賀敦子は、それからわずか8年後の1998年、惜しまれつつ亡くなりました。しかし、没後20年を迎えてなお読者は増え続けており、作品への評価も時を経るにつれ高まる一方です。  こ………[もっと読む]

2018年03月23日

「あかちゃんのあそびえほん」シリーズのきむらゆういちさんワークショップ開催

 「あかちゃんのあそびえほん」シリーズなどで知られるきむらゆういちさんの新刊出版を記念して、偕成社1階の「おはなしのへや」でワークショップを開催します。  『ごあいさつあそび』『いないいないばああそび』などで知られる「あ………[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る