新着情報

出版社などから提供された情報をもとに、新刊のご案内や本に関するイベントなど、出版業界の最新情報をご紹介しています。

「いっさいはんあるある川柳コンテスト」入賞4作を発表

2017年04月17日

「いっさいはんあるある川柳コンテスト」入賞4作を発表

 岩崎書店では、昨年11月に刊行した絵本『いっさいはん』の好評を受け、「いっさいはん あるある川柳コンテスト」を開催した。発売直後からTwitterを中心に共感の声が続々寄せられたことからコンテストを企画、1歳半前後の子どもとの生活の中での大変なことや、おもしろネタ、ちょっとグチりたいこと、かわいいしぐさなど、五・七・五の川柳を同社公式TwitterとHPで公募したところ、1,031首の川柳が寄せられた。
 『いっさいはん』作者のminchiさんと岩崎書店スタッフが選んだ入賞作品は下記4点。

・あるあるすぎる大賞
主電源 教えてないのに なぜわかる    (女性・35歳・五十嵐江利子様)
・かわいすぎる賞
穴に指 障子に張り手 窓にキス      (女性・27歳・やぎぽん様)
・子育てって大変…賞
昨日まで 届かなかった 油断した       (女性・49歳・岩﨑明子様)
・ゆかいで賞
ラッパ吹き 息より先に 声が出る       (女性・37歳・高砂亜依子様)

 発売4カ月で5万部を突破した『いっさいはん』(1296円)は、子育てって大変だけど楽しい、と思わせてくれる絵本。現役のパパ・ママ世代だけでなく、子育て期を過ぎた世代からも「懐かしい」「子育て中は余裕がなかったけど、振り返ってみるとこの時期が一番可愛かった」という感想も寄せられている。

倉本聰が描く中高年ドラマ「やすらぎの郷」台本集を刊行

2017年04月12日

倉本聰が描く中高年ドラマ「やすらぎの郷」台本集を刊行

 テレビ朝日系で4月から放送が始まった新ドラマ「やすらぎの郷」(月~金、午後0時半~0時50分)に合わせて、双葉社から第1話~第45話までが収録された台本集が刊行された(1620円)。
 「やすらぎの郷」は、「北の国から」などの倉本聰氏の脚本で、若者向けのドラマがあふれる中、大人のためのドラマとして制作された。テレビ朝日が平日の昼に「シルバータイムドラマ枠」を新設して臨むなど、新しい展開として放送前から注目を集め、初回視聴率8.7%と好発進を切った。
 台本集は、1話ごとに登場する配役と役名が書かれた「表紙」のページが入り、ナレーションや音楽の入りなど、徹底してドラマの台本として構成されている。演者になった気分でより深く物語に入り込める、ドラマの視聴者にとっては憎い構成だ。ドラマを視聴した後にじっくり読んで作品に浸るもよし、読んで予習をしてから映像を堪能するもよし。倉本聰の世界を楽しめる。46話~90話を収録した中巻が5月中旬、91話~最終話を収録した下巻が7月中旬にそれぞれ発売予定。

最新AI搭載ロボット「ATOM」をドライバー1本で【PR】

2017年04月07日

最新AI搭載ロボット「ATOM」をドライバー1本で【PR】

 4月4日、アキバシアターにて、『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』の創刊記念イベントが開催されました。イベントでは、TVCMに主演する俳優の遠藤憲一さん、MCとしてロボットアニメマニアとして知られる喜屋武ちあきさんが登壇し、コミュニケーション・ロボット「ATOM」とともに創刊とアトムの誕生日を祝うバースデーソングを歌ったり、人間顔負けのゲーム対決をしたりと、イベントを大いに盛り上げました。

■遠藤憲一、お茶の水博士コスプレで「芸人さんより芸人みたい」
 鼻高の“お茶の水博士”に扮して登壇した遠藤さんは、「最近、俺何でもやると思われている。まさかトークにこの姿で思ってもみなかった。芸人さんより芸人みたいになっちゃってる。この先、俳優として大丈夫なんですかね?」と自虐ぎみに挨拶。ATOMについては「この顔とこの目とこの動きと喋りがすごくかわいい。自分で作って完成させたら、絶対家族の一員になる。地方ロケの時は一人なので、組み立てて完成させたら、一緒に行って横に置いて、一杯やりながら話しかけたい」と語り、ATOMとのCM共演について「自然にアドリブが出ちゃった。愛おしくなりました」、「アトムを囲んだら自然と皆テンションが上がる」と撮影時を振り返りました。

■「ATOM」とのしりとり、年齢当てゲームに会場は大盛り上がり
 遠藤さんは、ATOMの特技の一つであるしりとりで勝負。ATOMの口から「キョウサイカ(恐妻家)」「コワモテ」という遠藤さんのイメージにちなんだ言葉が飛び出て周囲から笑いが漏れる中、時間制限内に勝負がつかず引き分けに(<遠藤憲一→チョコレートケーキ→恐妻家→かまぼこ→強面→「てめぇ」→盟友・遠藤憲一>で引き分け)。また「すごい若く見られる」と言う喜屋武さんの年齢当てゲームでは、ATOMが喜屋武さんの実年齢である33歳以上の「35歳」と発言。報道陣から笑いが起き、「今までお世辞言われていたのかな」とガックリ肩を落とす喜屋武さんにATOMが「ダイジョウブ、ボクガ ツイテイルヨ!」と励ます、微笑ましい一幕もありました。
 「子供の時、プラモデルを作ると必ず部品とか残してた。今回は1個1個組み立ててみようかな」と遠藤さん。ATOMは終始「ソウ、オモイマス!」など絶妙な合いの手で会場を和ませました。

■アトムが、わが家にやってくる
 4月4日に創刊した「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」(全70号、毎週火曜日発売、創刊号のみ2週間販売)は、毎号付属するパーツを組み立てると、最新AIを搭載した2足歩行ロボット・ATOMがドライバー1本で作ることができるという、画期的な商品です。創刊に先がけて、4月3日からは遠藤さんがATOMと出会うTVCM「我が家に、十万馬力。」篇も放送中。WEB上の「やってみた動画」では、遠藤さんとATOMがガチ対決を繰り広げていますので、ぜひご覧ください。

 提供:講談社
 (C)TEZUKA PRO/KODANSHA

公共図書館の電子図書館・電子書籍貸し出しサービス実態を調査 電子出版制作・流通協議会

2016年11月17日

公共図書館の電子図書館・電子書籍貸し出しサービス実態を調査 電子出版制作・流通協議会

 一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(所在地:東京都千代田区、会長:中尾光宏、以下「電流協」)は、公共図書館に関する電子図書館・電子書籍貸出サービスの調査結果を発表いたします。

 本調査は、2016年7月から8月にかけて、全国の公共図書館(中央館)1,352館のうち、メール・Webで連絡がとれる1,077館に依頼し、466館からの回答を得た結果及び、2015年との比較などを分析いたしました。

 本調査報告の詳細は、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』(発売:印刷学会出版部)として発行し、11月8日より発売を開始します。なお、本調査は2013年に第1回目を実施し、今年で4年目を迎えます。

 今回の調査、報告書作成につきましては、公益社団法人日本図書館協会及び国立国会図書館の協力をいただきました。

『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』
編 :植村八潮・野口武悟・電子出版制作・流通協議会
発行 :一般社団法人電子出版制作・流通協議会 
発行日 :2016年11月8日[第一版第一刷]
発売 :株式会社印刷学会出版部
価格 :1,700円(税別)
判型 :B5判
ページ数 :136p
ISBN :978-4-87085-223-5 C0000

【問い合わせ先】
一般社団法人 電子出版制作・流通協議会
http://aebs.or.jp

1800冊以上が読み放題 アマゾンの「Kindleアンリミテッド」にWEB新書のコンテンツを配信中

2016年08月03日

1800冊以上が読み放題 アマゾンの「Kindleアンリミテッド」にWEB新書のコンテンツを配信中

 2016年8月3日に日本でも事業を始めたAmazonの電子書籍読み放題「Kindleアンリミテッド」。朝日新聞社の運営する電子書籍サービス「WEB新書」のコンテンツのうち、1800冊以上が読み放題の対象になっています。
※Kindleストア等、外部のストアでは「朝日新聞デジタルSELECT」というブランドで提供しています

朝日新聞デジタルSELECT 読み放題対象

【提供タイトルの一例】
「ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領」
「東大やめた日の空が青かった 解剖学者・養老孟司さんの半生記」
「布団なんて3年ぶりやな 子どもの貧困6人に1人
「町内会、解散しました 業務多すぎ・役員決めで泣く人も」
「知的障害者だって地域で暮らしたい グループホームを阻む様々な事情」など。

【Kindleアンリミテッドの説明】
https://www.amazon.co.jp/b/?node=4488502051#faq

【WEB新書】
http://astand.asahi.com/webshinsho/

 Kindleアンリミテッドの利用料は月額980円ですが、申し込み後30日間は無料体験できます。
 一冊売りの「WEB新書」と合わせてご利用ください。読み放題対象の本は今後増やしていきます。

司馬遼太郎『街道をゆく』、電子書籍の配信が始まります

2014年08月01日

司馬遼太郎『街道をゆく』、電子書籍の配信が始まります

 株式会社朝日新聞出版(代表取締役社長 青木康晋)では、2014年8月7日より、司馬遼太郎『街道をゆく』の電子書籍を発売開始します。

 司馬遼太郎のライフワーク『街道をゆく』は、全43巻、累計1180万部の人気シリーズであり、長らく電子化が待ち望まれていましたが、このたび主要電子書籍書店で7月31日より予約受付、8月7日(司馬遼太郎の誕生日)より販売開始します。

 全43巻のうち、第1期は1~10巻。その後、第2期:11~20巻 2014年10月予定/第3期:21~31巻 2014年12月予定/第4期:32巻~43巻 2015年2月予定です。

 電子書籍発売と同時に、一部書店で無料の『街道をゆく 読書ガイド』も配信。
各巻のルートやみどころを紹介する特設サイト(http://publications.asahi.com/kaidou/)もオープンします。

■概要
書名:『街道をゆく』1~10巻
著者:司馬遼太郎
販売価格:510円~670円(税抜き、書店により異なる場合があります)
発売予定電子書店:Kindleストア楽天kobo、iBooks Store、Reader Store、他電子書籍ストア
Kindleストア楽天kobo、iBook Storeなどで7月31日より先行予約受付中。

特設サイト:http://publications.asahi.com/kaidou/

■問い合わせ先
朝日新聞出版 デジタル・ライツ部
03-5540-7857
ebook@asahi.com

『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』 彩流社より発売中

2013年11月21日

『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』 彩流社より発売中

 「精神医療は、ときに子どもたちの未来を奪いかねない危険性を孕(はら)む」。そんな思いを伝えようと、ルポライターの筆者が2年がかりでまとめた。多くの十代の子どもたちが、安易な診断により精神医療に誘導され、重篤な薬害が発生しているという事実が見えてきたという。精神医療の実体、ちょっとした症状で精神科を受診させる「早期介入」の危険性など事例をひもといて迫っていく。(彩流社)

「本と新聞の大学」が10月15日に開講 8月18日より受講生の募集開始

2013年08月19日

「本と新聞の大学」が10月15日に開講 8月18日より受講生の募集開始

 朝日新聞社と集英社は、これまで培ってきた書籍と新聞のノウハウを生かした教育プロジェクト「本と新聞の大学」を10月15日から開講する。「世界の中の日本」をテーマに、政治学者の姜尚中氏(聖学院大学全学教授、東京大学名誉教授)と、一色清氏(朝日新聞社 ・教育コーディネーター)がコーディネートして、主に政治・経済を題材に全6回の講義を展開する。
 講義は姜尚中氏と一色清氏の2人が交互に行うゼミ形式。ゲスト講師として藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)や保阪正康氏(ノンフィクション作家・評論家)ら4人の日本を代表する知識人を迎える。姜・一色両氏を中心にディスカッションも豊富に盛り込んだ講義を行う予定だ。
 「本と新聞の大学」は、12年3月より始まった次世代を担う真の教養人を育成することを目指す朝日新聞社と集英社の共同の教育プロジェクトで、今回が第2期。
 受講生には、20代以上の社会人を想定。毎回の講義で課題提出があるなど、カルチャースクールや講演会とは違ったハイレベルなカリキュラムを展開していくという。
 受講生の募集は、8月18日から特設のWebサイト(http://hontoshimbun.jp/)で開始する。
    ◇
予定しているゲスト講師陣
・藤原 帰一氏 (東京大学大学院法学政治学研究科教授)
・保阪 正康氏 (ノンフィクション作家・評論家)
・金子 勝氏 (慶應義塾大学経済学部教授)
・吉岡 桂子氏 (朝日新聞編集委員)
■開講日時:2013年10月15日~12月17日 毎回平日 午後7時開催予定
■受講料:¥57,750(税込)/全6回
■定員:70名
■会場:朝日新聞社読者ホール/集英社アネックスビル
■公式サイト:http://hontoshimbun.jp/

「ハーバード式『超』効率仕事術」早川書房より発売中

2013年07月16日

「ハーバード式『超』効率仕事術」早川書房より発売中

30兆円を動かす世界的資産運用会社の元会長にしてハーバート・ビジネススクールの上級講師を務めたロバート・C・ポーゼンが、成功の秘訣を具体的かつ実践的に指南。目標の立て方から、スケジュール帳の活用術、出張や会議の仕方、報告書執筆やスピーチの準備、さらには上司や部下との付き合いやキャリアプランニングまで、プロフェッショナルの「超」効率仕事術の秘訣が満載だ。(早川書房)

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/116629.html

『アラン・デュカスのナチュールデザート』世界文化社より発売中

2013年07月03日

『アラン・デュカスのナチュールデザート』世界文化社より発売中

世界をリードするフレンチの巨匠、アラン・デュカスさんの「自然派おうちデザート」が習える、「ナチュール」シリーズの第2弾。はちみつやアガベシロップ、黒砂糖といった天然の甘みを少しだけ使うデザートが季節のフルーツの持ち味を引き立たせる。ビギナーでも簡単に作れる86レシピ。(世界文化社)

http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/13309.html

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る