新着情報

出版社などから提供された情報をもとに、出版業界の最新情報をご紹介しています。

公共図書館の電子図書館・電子書籍貸し出しサービス実態を調査 電子出版制作・流通協議会

2016年11月17日

公共図書館の電子図書館・電子書籍貸し出しサービス実態を調査 電子出版制作・流通協議会

 一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(所在地:東京都千代田区、会長:中尾光宏、以下「電流協」)は、公共図書館に関する電子図書館・電子書籍貸出サービスの調査結果を発表いたします。

 本調査は、2016年7月から8月にかけて、全国の公共図書館(中央館)1,352館のうち、メール・Webで連絡がとれる1,077館に依頼し、466館からの回答を得た結果及び、2015年との比較などを分析いたしました。

 本調査報告の詳細は、『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』(発売:印刷学会出版部)として発行し、11月8日より発売を開始します。なお、本調査は2013年に第1回目を実施し、今年で4年目を迎えます。

 今回の調査、報告書作成につきましては、公益社団法人日本図書館協会及び国立国会図書館の協力をいただきました。

『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2016』
編 :植村八潮・野口武悟・電子出版制作・流通協議会
発行 :一般社団法人電子出版制作・流通協議会 
発行日 :2016年11月8日[第一版第一刷]
発売 :株式会社印刷学会出版部
価格 :1,700円(税別)
判型 :B5判
ページ数 :136p
ISBN :978-4-87085-223-5 C0000

【問い合わせ先】
一般社団法人 電子出版制作・流通協議会
http://aebs.or.jp

1800冊以上が読み放題 アマゾンの「Kindleアンリミテッド」にWEB新書のコンテンツを配信中

2016年08月03日

1800冊以上が読み放題 アマゾンの「Kindleアンリミテッド」にWEB新書のコンテンツを配信中

 2016年8月3日に日本でも事業を始めたAmazonの電子書籍読み放題「Kindleアンリミテッド」。朝日新聞社の運営する電子書籍サービス「WEB新書」のコンテンツのうち、1800冊以上が読み放題の対象になっています。
※Kindleストア等、外部のストアでは「朝日新聞デジタルSELECT」というブランドで提供しています

朝日新聞デジタルSELECT 読み放題対象

【提供タイトルの一例】
「ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領」
「東大やめた日の空が青かった 解剖学者・養老孟司さんの半生記」
「布団なんて3年ぶりやな 子どもの貧困6人に1人
「町内会、解散しました 業務多すぎ・役員決めで泣く人も」
「知的障害者だって地域で暮らしたい グループホームを阻む様々な事情」など。

【Kindleアンリミテッドの説明】
https://www.amazon.co.jp/b/?node=4488502051#faq

【WEB新書】
http://astand.asahi.com/webshinsho/

 Kindleアンリミテッドの利用料は月額980円ですが、申し込み後30日間は無料体験できます。
 一冊売りの「WEB新書」と合わせてご利用ください。読み放題対象の本は今後増やしていきます。

司馬遼太郎『街道をゆく』、電子書籍の配信が始まります

2014年08月01日

司馬遼太郎『街道をゆく』、電子書籍の配信が始まります

 株式会社朝日新聞出版(代表取締役社長 青木康晋)では、2014年8月7日より、司馬遼太郎『街道をゆく』の電子書籍を発売開始します。

 司馬遼太郎のライフワーク『街道をゆく』は、全43巻、累計1180万部の人気シリーズであり、長らく電子化が待ち望まれていましたが、このたび主要電子書籍書店で7月31日より予約受付、8月7日(司馬遼太郎の誕生日)より販売開始します。

 全43巻のうち、第1期は1~10巻。その後、第2期:11~20巻 2014年10月予定/第3期:21~31巻 2014年12月予定/第4期:32巻~43巻 2015年2月予定です。

 電子書籍発売と同時に、一部書店で無料の『街道をゆく 読書ガイド』も配信。
各巻のルートやみどころを紹介する特設サイト(http://publications.asahi.com/kaidou/)もオープンします。

■概要
書名:『街道をゆく』1~10巻
著者:司馬遼太郎
販売価格:510円~670円(税抜き、書店により異なる場合があります)
発売予定電子書店:Kindleストア楽天kobo、iBooks Store、Reader Store、他電子書籍ストア
Kindleストア楽天kobo、iBook Storeなどで7月31日より先行予約受付中。

特設サイト:http://publications.asahi.com/kaidou/

■問い合わせ先
朝日新聞出版 デジタル・ライツ部
03-5540-7857
ebook@asahi.com

『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』 彩流社より発売中

2013年11月21日

『ルポ 精神医療につながれる子どもたち』 彩流社より発売中

 「精神医療は、ときに子どもたちの未来を奪いかねない危険性を孕(はら)む」。そんな思いを伝えようと、ルポライターの筆者が2年がかりでまとめた。多くの十代の子どもたちが、安易な診断により精神医療に誘導され、重篤な薬害が発生しているという事実が見えてきたという。精神医療の実体、ちょっとした症状で精神科を受診させる「早期介入」の危険性など事例をひもといて迫っていく。(彩流社)

「本と新聞の大学」が10月15日に開講 8月18日より受講生の募集開始

2013年08月19日

「本と新聞の大学」が10月15日に開講 8月18日より受講生の募集開始

 朝日新聞社と集英社は、これまで培ってきた書籍と新聞のノウハウを生かした教育プロジェクト「本と新聞の大学」を10月15日から開講する。「世界の中の日本」をテーマに、政治学者の姜尚中氏(聖学院大学全学教授、東京大学名誉教授)と、一色清氏(朝日新聞社 ・教育コーディネーター)がコーディネートして、主に政治・経済を題材に全6回の講義を展開する。
 講義は姜尚中氏と一色清氏の2人が交互に行うゼミ形式。ゲスト講師として藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)や保阪正康氏(ノンフィクション作家・評論家)ら4人の日本を代表する知識人を迎える。姜・一色両氏を中心にディスカッションも豊富に盛り込んだ講義を行う予定だ。
 「本と新聞の大学」は、12年3月より始まった次世代を担う真の教養人を育成することを目指す朝日新聞社と集英社の共同の教育プロジェクトで、今回が第2期。
 受講生には、20代以上の社会人を想定。毎回の講義で課題提出があるなど、カルチャースクールや講演会とは違ったハイレベルなカリキュラムを展開していくという。
 受講生の募集は、8月18日から特設のWebサイト(http://hontoshimbun.jp/)で開始する。
    ◇
予定しているゲスト講師陣
・藤原 帰一氏 (東京大学大学院法学政治学研究科教授)
・保阪 正康氏 (ノンフィクション作家・評論家)
・金子 勝氏 (慶應義塾大学経済学部教授)
・吉岡 桂子氏 (朝日新聞編集委員)
■開講日時:2013年10月15日~12月17日 毎回平日 午後7時開催予定
■受講料:¥57,750(税込)/全6回
■定員:70名
■会場:朝日新聞社読者ホール/集英社アネックスビル
■公式サイト:http://hontoshimbun.jp/

「ハーバード式『超』効率仕事術」早川書房より発売中

2013年07月16日

「ハーバード式『超』効率仕事術」早川書房より発売中

30兆円を動かす世界的資産運用会社の元会長にしてハーバート・ビジネススクールの上級講師を務めたロバート・C・ポーゼンが、成功の秘訣を具体的かつ実践的に指南。目標の立て方から、スケジュール帳の活用術、出張や会議の仕方、報告書執筆やスピーチの準備、さらには上司や部下との付き合いやキャリアプランニングまで、プロフェッショナルの「超」効率仕事術の秘訣が満載だ。(早川書房)

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/116629.html

『アラン・デュカスのナチュールデザート』世界文化社より発売中

2013年07月03日

『アラン・デュカスのナチュールデザート』世界文化社より発売中

世界をリードするフレンチの巨匠、アラン・デュカスさんの「自然派おうちデザート」が習える、「ナチュール」シリーズの第2弾。はちみつやアガベシロップ、黒砂糖といった天然の甘みを少しだけ使うデザートが季節のフルーツの持ち味を引き立たせる。ビギナーでも簡単に作れる86レシピ。(世界文化社)

http://www.sekaibunka.com/book/exec/cs/13309.html

『迷いながら生きる』大和書房より発売中

2013年07月02日

『迷いながら生きる』大和書房より発売中

「自分探し」から卒業し、「今を生きること」に没頭するための知恵を、自給自足と座禅に生きるドイツ人禅僧が語る。哲学の国ドイツに生まれ、禅僧となった筆者にしかかけない、「迷う力」の磨き方。安易に答えを求めず、「考え、迷うこと」を促す一冊。(大和書房)

http://www.daiwashobo.co.jp/book/b108617.html

『課長ビギナーのFAQ』『女性管理職のFAQ』朝日新聞出版より発売中

2013年06月26日

『課長ビギナーのFAQ』『女性管理職のFAQ』朝日新聞出版より発売中

ビジネスの現場で直面する「困った!」に、その道のエキスパートが答えるメンターBOOKS。第1弾を2冊同時に刊行。「課長本」の第一人者であり、“カリスマ上司”の佐々木常夫氏が、『課長ビギナーのFAQ』を上梓。「はじめて管理職になった人」全てに役立つ、課長本の決定版。『女性管理職のFAQ』では、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演のスーパー営業ウーマン・森本千賀子氏が、自身の体験から得たノウハウを余すところなく伝授。政府の経済成長戦略で女性の登用が増えるなか、必読の書だ。(朝日新聞出版)

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=15027

『国家はなぜ衰退するのか―権力・繁栄・貧困の起源』早川書房より発売

2013年06月21日

『国家はなぜ衰退するのか―権力・繁栄・貧困の起源』早川書房より発売

ノーベル経済学賞の歴代受賞者が絶賛する全米ベストセラー。「世界にはなぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか?」。この社会科学における最大の難問に明快な解答を提示する。古代ローマから、マヤの都市国家、中世ヴェネツィア、名誉革命期のイングラド、幕末・明治日本、ソ連、ラテンアメリカとアフリカ諸国まで、広範な事例を手がかりに、国家の繁栄と衰退を決定づけるメカニズムが明らかに。21世紀の界を理解する上で必読1冊。(早川書房)

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/112578.html

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る