日本人初? 「コボ」「キンドル」でデビューした新人作家が1位を獲得するまで

[文]林 智彦  [掲載]2012年08月28日

「ジーン・マッパー(Gene Mapper)」の書影。 拡大画像を見る
「ジーン・マッパー(Gene Mapper)」の書影。

「koboイーブックストア」の「ジーン・マッパー」購入ページ。同書は複数ジャンルで上位ランク入りしている 拡大画像を見る
「koboイーブックストア」の「ジーン・マッパー」購入ページ。同書は複数ジャンルで上位ランク入りしている

著者が立ち上げた「Gene Mapper(ジーン・マッパー)」専用サイト。電子書籍はここから直接購入もできる。コボ、キンドルの両ストアへのリンクもある。 拡大画像を見る
著者が立ち上げた「Gene Mapper(ジーン・マッパー)」専用サイト。電子書籍はここから直接購入もできる。コボ、キンドルの両ストアへのリンクもある。

「ジーン・マッパー」著者の藤井太洋氏。 拡大画像を見る
「ジーン・マッパー」著者の藤井太洋氏。

表紙画像 著者:佐々木 俊尚  出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン 価格:¥ 1,188

 7月19日にサービスを開始したネット通販大手・楽天の電子書籍サービス「コボ」の書店で、これまで見たことがない著者の書籍が、複数ジャンルのランキング上位に入っているのを見つけた。作品の名前は「Gene Mapper(ジーン・マッパー)」、著者は「藤井太洋」。出版社名に「Taiyo Lab」とあることから、自己出版(出版社や編集者を介在させずに電子書籍を書き、売ることをいう)ではないかと推察できた。
 8月22日時点で、同作は「SF」ジャンルの16位、「ハイテク」ジャンルと「科学技術」ジャンルでは1位にランクインしている(ただしその後、著者が改訂版をアップロードしたところ、ランキングがリセットされ、現在の順位は変わってしまっている)。
 コボの「SF」ジャンルは、早川書房が最近刊行を始めた「ハヤカワSF・ミステリebookセレクション」を除くと、他のストアでも見かける既刊本やパブリックドメイン(法で決められた保護期間が終わることなどで、社会の共有物になった著作物のこと)が中心で、SFのファンであれば、どこかで必ず目にしたことのあるようなメジャーな作品が並んでいる。自己出版で、新作、しかも新人と思われる作品が、上位にランクインしているというのは非常に目を引いた。いったい、どんな内容なのだろうか? さっそく購入して読んでみた。
 
■ハリウッド映画さながらのサスペンス
 遺伝子操作によって農作物をゼロから作り出したり、拡張現実(AR)を使ってコミュニケーションしたりすることが普通になった2037年。遺伝子を設計する「デザイナー」である主人公・林田のもとへ、農作物「開発」メーカーの社員・黒川から調査依頼が舞い込む。カンボジアに納品したイネに異常が生じたというのだ。林田は謎の男「キタムラ」とともに、原因を探るため、旧ネットワーク(作品世界では現在われわれが使っているインターネットは2014年に「封鎖」され、新しいネットワークに置き換えられたことになっている)が保存されたベトナムのホーチミン市へと飛ぶ。異変の陰にうごめく謎の組織とは? そして黒川の秘められた過去、キタムラの正体とは——。
 以上が「ジーン・マッパー」のあらすじだ。SF的ガジェットやアイデアが次から次へと惜しげもなく投入される描写、どんでん返しが連続するサスペンスフルな展開は、フィリップ・K・ディックやJ・G・バラードを彷彿とさせ、海外SFと言われても違和感がない。個人的には、このままハリウッド映画にできそうな内容に感じた。
 特に印象的だったのが、スピード感あふれる文体だ。凝った表現やギミックが、短いスパンでたたみかけられるので、ついつい読み続けてしまうのだ。
 いったい著者はどんな人物なのだろう、と思って検索してみると、著者自身が運営する作品の紹介サイトがヒットした。やはり本作が初めて執筆した小説で、なんとコボ以外に、米アマゾンの電子書籍サービス「キンドルストア」でも刊行しており、自分のサイト上で、直接販売もしているというのだ。
 いま世界では自己出版が急拡大しているが、日本人では米キンドルストアでコミックを販売した「うめ」氏など、ごく少数の例があるにすぎない。
 米キンドルには「Kindle Direct Publishing(KDP)」、コボには「Kobo Writing Life」という自己出版のシステムがあるが、どちらも日本向けにはまだサービスを開始していない。
 そんな状況にもかかわらず、「キンドル」「コボ」の両方でデビューを果たした著者は何者なのだろうか? ますます興味がわいた。
 著者サイトの自己紹介ページには、ベレー帽をかぶった著者近影とともに、著者の開設したFacebookページやTwitterアカウントへのリンクが貼られている。Facebook経由でメッセージを送ると、すぐに返事が来て、都内でお会いできることになった。著者近影からはちょっと近づきがたい印象も受けたが、自分で本を執筆し、制作し、サイトを立ち上げ、海外のサービスを使って自作の直接販売もこなした作家とは、どんなパーソナリティの持ち主なのだろうか。好奇心を胸に、待ち合わせ場所に向かった。

1 2 3 4 次のページへ

この記事に関する関連書籍

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

著者:佐々木 俊尚/ 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン/ 価格:¥1,188/ 発売時期: 2010年04月




ニュース バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。



Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ