「中二病」をこじらせて……キンドルで話題の『架空の歴史ノート』著者に会ってみた

[文]林 智彦  [掲載]2013年05月31日

著者の設楽陸さん 拡大画像を見る
著者の設楽陸さん

「人類皇帝」 拡大画像を見る
「人類皇帝」

作中世界の階層構造 拡大画像を見る
作中世界の階層構造

「不沈都市トノス」 拡大画像を見る
「不沈都市トノス」

「グリーンベレー族」 拡大画像を見る
「グリーンベレー族」

「湾中海大海戦」 拡大画像を見る
「湾中海大海戦」

表紙画像 著者:いしたにまさき、境 祐司、宮崎 綾子  出版社:インプレスジャパン 価格:¥ 1,620

 4月ごろから、SNSやまとめサイトで大きな話題を集めている本がある(Twitter検索結果[※検索結果なので無関係の投稿も含まれている]、Naverまとめ)。アマゾンの電子書籍サイト「キンドルストア」で販売されている電子書籍だ。その名も『架空の歴史ノート1 帝国史 分裂大戦編』(キンドルストアへのリンク)。


 この本が、5月中旬には、キンドルストアの「歴史・地理」カテゴリーで1位となり、本稿執筆時点では、総合売り上げランキングでも、5位になっている。

 タイトルどおり、市販のよく見かける大学ノートに、なぐり書きのような筆致で、架空の「帝国」が、戦争や革命を経て崩壊する歴史が綴られている(右写真)。中には整った絵もあるが、大部分は、小中学生が授業中の教室などで描きそうなタッチだ。一方、社会制度や法律、歴史などの世界設定は凝りに凝っていて、さながら壮大なゲームの設定資料を読まされているようだ。

 絵や文章だけではない。スキャンされたと思しきノートの存在感(電子書籍なのに存在感、というのも不思議な感じだが)も興味深い。飲み物をこぼしたような跡があったり、紙をテープでつぎはぎしたり、裏写りがあったり、作成途中で気が変わったのか、大きな×で「ボツ」にしたページが挟まっている。裏表紙には、値札が買ったまま貼られている。



 ネット用語で、「中二病」という言葉がある。思春期特有の妄想癖のことだ。空想の世界の主人公になって、さまざまな冒険に活躍する自分を想像することは、誰しも身に覚えのある経験だろうが、いつまでもこの種の想像から抜けられない状態を「中二病をこじらせる」などと評される。元々はサブカルチャー用語だったが、ここ数年「中二病」を肯定的にとらえるアニメ・マンガ作品が増えた。 『架空の歴史』は、まさに中二病の中学生が自分の夢を書き付けたノートを、何も手を加えずに本屋に出したかのような内容なのだ。「中二病妄想を本にするなんて斬新」「こんなものが本になるのか」「これぞまさに電子書籍ならでは」などと面白がる感想が、SNSでは多数投稿されている。
 なぜわざわざ「妄想ノート」を電子書籍にしたのだろうか? このノートは、ほんとうに子供時代に描いたノートなのだろうか? それとも何らかの芸術的意図があって、作られたものなのだろうか? 中学生の落書きっぽいタッチは、ひょっとしたら、何らかの演出なのだろうか? だとしたらどこまでが計算されたもので、どこからが「素」なのだろうか? 名古屋市に住むという著者に、話をうかがった。



1 2 3 次のページへ

この記事に関する関連書籍

Amazon Kindleダイレクト出版 完全ガイド 無料ではじめる電子書籍セルフパブリッシング

著者:いしたにまさき、境 祐司、宮崎 綾子/ 出版社:インプレスジャパン/ 価格:¥1,620/ 発売時期: 2013年05月



AmazonのKindleで自分の本を出す方法

著者:山崎 潤一郎/ 出版社:ソフトバンククリエイティブ/ 価格:¥1,337/ 発売時期: 2013年03月


ニュース バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。



Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ