「中二病」をこじらせて……キンドルで話題の『架空の歴史ノート』著者に会ってみた

[文]林 智彦  [掲載]2013年05月31日

著者の設楽陸さん 拡大画像を見る
著者の設楽陸さん

「人類皇帝」 拡大画像を見る
「人類皇帝」

作中世界の階層構造 拡大画像を見る
作中世界の階層構造

「不沈都市トノス」 拡大画像を見る
「不沈都市トノス」

「グリーンベレー族」 拡大画像を見る
「グリーンベレー族」

「湾中海大海戦」 拡大画像を見る
「湾中海大海戦」

表紙画像 著者:いしたにまさき、境 祐司、宮崎 綾子  出版社:インプレスジャパン

 ところが、そこから実際に出版にこぎつけるまでには、かなりの苦労があった。見開きでスキャンされた画像をページごとに切り離して、なおかつ見開き状態でもそろって見えるように加工するのが第一の難関。電子書籍のフォーマットであるEPUBに変換すると、本の「開き」が逆になってしまったりもした。

 「ネットで見つかる情報やキンドルストアで売られている出版マニュアルは、ほとんどが文字主体の本のためのもので、僕のように画像主体の本を作る場合には、あまり役にたたなかった」

 そのため、現在販売中の本(この記事でリンクしているもの)は、電子出版を代行する会社に依頼したものだという。

 「ただ、4月にアマゾンがコミックなど画像主体の本を制作するためのツール『キンドル・コミック・クリエイター(KCC)』を発表しました。今後はこれを使って自分で制作したいと思っています」

 ところで、なぜこのノートには、切り貼りや修正の跡がそのままになっているのだろうか?

 「これは、むしろこういうものでなければいけないんです。絵を描く人間としては、マテリアル(素材)にこだわりたい。本といっても、これは作品なので、アートを作るような姿勢で書きました。レオナルド・ダ・ヴィンチの残したノートのように、時々飲み物をこぼした跡があったり、消しゴムのカスをわざと入れたり」

 確かにこうしたディテールが、一種独特の雰囲気につながっていることは間違いない。「本当に中学生が自分のノートを出品したのかも」と思わせるし、完成品があたりまえの「出版」という世界では、「未完成」さが目立って、いいマーケティングになっている。SNS等で話題になったのも、この「未完成さ」ゆえだ。

 続編が気になるところだが、現在「ノート」は13巻あり、順次KDPで出版していきたいという。その一部は設定資料ではなく、ストーリーマンガになっている。

 「『ノート』は世界全体を俯瞰する『神』の視点。それに対してマンガはキャラクターの視点で描けるので、それぞれ別の面白さがある、と思ってます」

 自分探しから始まったプロジェクトには、まだまだ面白い展開が待ち受けているようだ。


前のページへ 1 2 3

ニュース バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。



Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ