短歌で読む哲学史

2017年01月29日

 山口拓夢著『短歌で読む哲学史』が田畑書店から「田畑ブックレット」の第1弾として出た。ギリシャ時代から現代までの主な西洋哲学者の思想や学説の流れを、五七五七七の短歌とともに解説。例えばレヴィ=ストロースの構造主義について「人類のそれぞれの地に花開く無意識の美の構造を読め」と詠むなど、斬新で親しみやすい。1404円。

関連記事

ページトップへ戻る