(オススメ 編集部から)大佛次郎の狂おしい猫愛

[文]大上朝美  [掲載]2017年03月05日

表紙画像 著者:大佛次郎記念館  出版社:小学館

 家には常に十数匹、近所からの通いもいる。人が猫を捨てていく。障子やふすまはビリビリに破られ、冬でも出入り口を開けておくので寒いばかりでなく、泥棒にまで入られる……半端でない猫愛エピソードの主は、〈鞍馬天狗〉の生みの親で、『パリ燃ゆ』など重厚な歴史評論でも知られる大佛次郎だ。猫に関するエッセーや写真、コレクションの品々が、『大佛次郎と猫 500匹と暮らした文豪』(小学館・1620円)に詳しい。
 夫人が夫以上の猫好きで数を増やし、家に住んだ猫は500匹以上。置物、玩具など多彩な猫グッズも楽しいが、江戸期から明治に描かれた猫の浮世絵や、遊び用の「おもちゃ絵」が多数収録され、珍しい。猫好きの友だった画家の木村荘八が収集し、没後、大佛に形見として贈られた絵だ。
 横浜市の大佛次郎記念館では3月20日まで「大佛次郎×ねこ写真展2017」が開催中(6、13~15日休み)。猫ざんまいの境地に浸れそう。

この記事に関する関連書籍





猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

著者:谷崎 潤一郎、奥野 信太郎、熊井 明子、夏目 漱石、中村 眞一郎、柳田 國男、山崎 朋子、黒田 亮、島津 久基、木村 荘八、寺田 寅彦、大佛 次郎、豊島 与志雄、白石 冬美、吉行 淳之介、長部 日出雄、山本 容朗、大佛 次郎/ 出版社:有楽出版社/ 発売時期: 2014年04月


ニュース バックナンバー

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。



Facebookアカウントでコメントする

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ