宮本常一の風景をあるく

2017年04月30日

 民俗学者・宮本常一(1907~81)が自らの故郷・山口県周防大島地域を撮った写真を編んだ『宮本常一の風景をあるく』(みずのわ出版)シリーズ全3巻が完結した。日常の風景の移り変わりから、島の人々の暮らしの変化が読み取れる。周防大島文化交流センター編、森本孝監修。各2700円。

関連記事

ページトップへ戻る