男らしさの歴史 II

2017年05月07日

 「男らしさ」の規範が時代によっていかに変遷してきたか。フランスの研究者たちが全3巻で解き明かすシリーズの第2弾、『男らしさの歴史 2』(小倉孝誠監訳・藤原書店)が出た。パリ第1大学教授のアラン・コルバンらが、「男らしさ」の美徳が最盛期を迎えた19世紀を論じる。9504円。

男らしさの歴史 II 男らしさの勝利 〔19世紀〕 (男らしさの歴史(全3巻))

著者:アラン・コルバン、アラン・コルバン、ジャン=ジャック・クルティーヌ、ジョルジュ・ヴィガレロ、鷲見 洋一、小倉 孝誠、岑村 傑
出版社:藤原書店

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る