田島征三さん、小惑星の名前に

2017年05月28日

 火星と木星の間にある小惑星の一つ「21117番」に、『ちからたろう』『とべバッタ』などで知られる絵本作家で画家の田島征三さんの名前がつけられた。今年3月、国際天文学連合の小惑星命名委員会が小惑星「Tashimaseizo」として発表した。
 小惑星21117番は1992年に北海道在住の渡辺和郎さんと円館金さんが発見、その後軌道が確定した。『星になったチロ』などの著書がある天体写真家でイラストレーターの藤井旭さんらが、国際的に活躍する田島さんの名前を命名することを提案した。田島さんと藤井さんは多摩美術大の同級生で寮も同室だったという。田島さんは「もったいないことだが、自分の芸術空間が宇宙まで広がっていく心地がする」と喜んでいる。

関連記事

ページトップへ戻る