今尾恵介 地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1)阪神・阪急・京阪

2017年06月18日

 日本はいかにして鉄道王国になったか。今尾恵介著『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1)阪神・阪急・京阪』が関東編全3冊に続き、白水社から出た。阪神の三崎省三は甲子園を、阪急の小林一三は宝塚を発展させたが、困難を伴う沿線開発史から近代日本の歩みをふり返る。2592円。

関連記事

ページトップへ戻る