漱石辞典

2017年06月25日

 夏目漱石が昨年没後100年、今年生誕150年を迎えたのを記念し、専門家が結集して漱石の思考の痕跡をたどる『漱石辞典』(小森陽一ほか編・翰林書房)が出版された。「嫉妬」「過去」など漱石が実際に用いた言葉、触れた書や美術、それらに関わる物や人物797項目を約300人が執筆。水村美苗氏や姜尚中氏によるコラム、文学関連地図や作品書誌も付く。8424円。

漱石辞典

著者:小森 陽一、飯田 祐子、五味渕 典嗣、佐藤 泉、佐藤 裕子、野網 摩利子
出版社:翰林書房

表紙画像

関連記事

ページトップへ戻る