文化財保存70年の歴史―明日への文化遺産

2017年07月02日

 『文化財保存70年の歴史 明日への文化遺産』が、新泉社から刊行された。遺跡を中心とした埋蔵文化財の戦後をたどる。法隆寺金堂の火災を機に1950年に制定された文化財保護法、各時期の遺跡保存と住民運動、文化的景観と世界遺産、大震災後の文化財救援と災害遺構、戦争遺跡などを考える。文化財保存全国協議会編。4104円。

関連記事

ページトップへ戻る