Book & Review 「食の本」のレビュー募集 セレクターは恩田陸さん

2017年07月21日

 7月19日(水)より長年ご愛読いただきました「BOOK TiMES」をリニューアルし、新しくBook & Review(ブック アンド レビュー)がスタートいたしました。
 Book & Reviewでは、毎月のテーマに沿って、オススメの書籍のレビュー(書評)を読者の皆様から募集します。応募いただいたレビューから、作家やタレントが「セレクター」としてお気に入りを選出し、コメントを添えて朝日新聞の特集紙面とWEBサイト・BOOK asahi.com内に掲載していく企画です。同日に公式サイトもオープン。次回更新は9月中旬を予定しています。
 9月号に掲載する「おススメ本」のレビューを募集しています。9月号のテーマは「食べる!の一冊」。セレクターは作家の恩田陸さんに務めていただきます。読むだけでおなかが減る本、食べる魅力がいっぱいに詰まった本など、みなさんがこれぞ!と思う「食」の本の楽しいレビューをお待ちしています。

 9月号の募集レビュー要項:「食」にまつわるオススメ本とそのレビュー

 レビュー本文(字数320字±10字)にタイトル(20字程度)をつけて、下記フォームまでご投稿ください。
 ※7月31日(水)締切。応募者の中から抽選で5名様に図書カード3,000円を、抽選の上プレゼントします。

 Book&Review公式サイト(https://bookandreview.asahi.com/

 レビュー応募はこちらから(https://que.digital.asahi.com/epost/10000197

<ご参考:投稿レビューサンプル>
※下記テーマは「旅」の本レビューです。9月テーマと異なりますので、ご注意ください。

【投稿ネーム】
・風男

【オススメ本のタイトル/本の著者/出版社】
・京阪神から行く一泊五食のうまい旅
・ミーツ・リージョナル別冊

【オススメ コピー】
 いますぐ旅へ!と、胃袋が叫ぶ。

【オススメ レビュー】
 とにかく、ウマそうなのである。食べたくなるのである。雑誌ミーツ編集者の曽束政昭さんが、京阪神から一泊で行ける街や島の一日五食分のウマウマめしをホカホカの写真と一緒に紹介する、旅のムック本。ただし半端な観光案内なんてしない。とにかく曽束さんが、食べる!食べる!食べる!何を置いてもの「メシ旅」が、汗とヨダレを巻き散らかせながら、これでもか!と紹介されていく。そして「食べる喜び」をひたすらハフハフと書き綴った一行の向こうに、かの地の風景や人の情が浮かび上がりコチラに向かって、おいでおいで~してくる。行きたい!いますぐ。食べたい!ぜんぶ。胃袋を欲情させて旅に出るパワーをくれる、前のめりな旅のガイドブック。最強です。

関連記事

ページトップへ戻る