子ども白書2017

2017年08月27日

 結成から65年を迎えた「日本子どもを守る会」編の『子ども白書2017』が本の泉社から出た。特集は日本国憲法施行から70年、改憲勢力の動向をふまえた「改憲は子どもに何をもたらすか~児童憲章の再発見~」。宇宙物理学者・池内了らのインタビュー記事や憲法学者・木村草太らの寄稿のほか、教育勅語と森友学園、原発避難者への差別、教育無償化など、子どもを巡る様々な問題を多彩な筆者が考察している。2160円。

関連記事

ページトップへ戻る