ベートーヴェン ピアノ・ソナタの探究

2017年08月27日

 野平一郎著『ベートーヴェン ピアノ・ソナタの探究』が春秋社から出た。著者は作曲家でピアニスト。古典作品をいかに解釈し、今日的な表現を創造するか。「悲愴(ひそう)」「月光」など12の著名なソナタを詳細に論じ、新たな演奏の可能性を探っている。4860円。

関連記事

ページトップへ戻る