原典 ルネサンス自然学

2017年09月03日

 15世紀前半から17世紀末までのルネサンス期の代表的自然学者30人のテクストを翻訳・集成した池上俊一監修『原典 ルネサンス自然学』上・下が、名古屋大学出版会から刊行された。近代の自然諸科学につながる分野以外にも、「魔術」や「ユートピア論」など広く多面的に取り上げ、執筆者らの出身地もイタリアほか欧州各地に広がる。身体から宇宙まで、人間の探求のエネルギーがあふれるアンソロジーだ。各9936円。

関連記事

ページトップへ戻る