全体主義の起原/エルサレムのアイヒマン

2017年09月03日

 みすず書房が、ハンナ・アーレントのロングセラー『全体主義の起原』(全3巻・4860~5184円)と、『エルサレムのアイヒマン』(4752円)を「新版」としてリニューアル刊行した。初版から半世紀近くがたち、その後の研究を反映するなどして訳文に手を入れている。索引項目も追加。新版への新たな解説も付けている。

関連記事

ページトップへ戻る