世界文化遺産の思想

2017年09月17日

 西村幸夫・本中眞編『世界文化遺産の思想』(東京大学出版会・3024円)が刊行された。世界遺産条約の背景や仕組み、とりわけ世界文化遺産の考え方や、文化遺産保護について、大学・官庁・ユネスコなどに属する8人が執筆している。「聖なる山」という発想が生まれた経緯などにもふれている。

関連記事

ページトップへ戻る