新しいナボコフと遊ぼう ロシア語原典を初邦訳

2017年11月22日

ナボコフと移民文学について語る作家の多和田葉子さん(右)とスラブ文学者の沼野充義さん

 20世紀を代表する作家の一人ウラジーミル・ナボコフ。代表作『ロリータ』のエロチックな印象が強いが、英露仏語を操り言葉の魔術師と言われる。没後40年の今年、ロシア語原典からの初邦訳を含む「ナボコフ・コレクション」全5巻(新潮社)の刊行が始まり、晩年の長編『アーダ』(早川書房)も40年ぶりに新訳が出た。初期はロシア語、後に英語で創作したナボコフ。「世界文学」の先駆者の姿が、より鮮明になると期待される。

 ナボコフは1899年、ロシア生まれ。貴族の家系で、革命により家族で亡命。1940年、米国に移住後は英語で創作をした。58年『ロリータ』の成功で人気作家に。これを機に、初期のロシア語作品も英訳され米国で出版された。日本ではこれまで主に英語版から翻訳されてきた。

 今回の「ナボコフ・コレクション」は全11作中、ロシア語原典からの初訳は9作。監修者の一人、沼野充義東京大教授(スラブ文学)は、「ナボコフは自分で英訳したし、翻訳家の訳にも必ず手を入れた。英訳が完全に二次的なものとはいえないが、ロシア語原典と比較すると、新しい発見がある」という。

 例えば、短編「マーシェンカ」。ロシア語の原著は26年にベルリンで刊行された。70年に英語版が出たが、題名は「メアリー」となり、不明だった舞台がベルリンと特定されるなど、米国の読者向けに説明的な加筆や修正がある。

 沼野教授は「ロシア語作品は若い時期に書かれ、言葉にみずみずしさと本来の味わいがある。英訳したのはナボコフが60歳をすぎてからで、米国で成功するための妥協がみられる。一方で、共産主義を容認する西側の知識人らを揶揄(やゆ)する文章を加筆した作品もある」と分析する。

 「ナボコフ・コレクション」のもう一人の監修者、若島正京都大教授(英文学)は今秋、『アーダ』を翻訳した。05年には50年ぶりになる『ロリータ』の邦訳も出した。新訳を出す意義について若島教授は、「以前は、わかりにくい文章を、とにかくおよその意味を汲(く)み取って、平易な日本語にするという傾向があった。最近だと、ナボコフが使っている言葉に注目し、その感触を(違和感も込みにして)できるかぎり訳文にも出そうという方向性がある」とみる。

 『アーダ』は19世紀後半の米国で始まる兄と妹の物語。近親相姦(そうかん)が描かれる問題作で好悪が分かれる。英仏露語が入り乱れる言葉遊びや大胆な比喩がちりばめられ、最高にナボコフらしいとの評価も。

 〈死とはつまるところ孤独の無限の断片をより完全に拾い集めたものにすぎない〉といった死生観や時間論も展開。普遍性があり古びた感じはない。若島教授は「空間と時間はナボコフの大きなテーマ。歴史も地理も虚構なので、アクセスしやすい。トルストイやプルーストを下敷きにした読者との遊びも楽しく、世界文学に開かれている作品と言える」と話す。

■多和田葉子さん「ベルリン、色々な言葉聞こえる」

 『ナボコフ・コレクション マーシェンカ キング、クイーン、ジャック』(奈倉有里、諫早勇一訳)の刊行にあわせ、言葉遊びや移民文学について、沼野充義教授と作家の多和田葉子さんが今月、都内で対談した。

 多和田さんはナボコフも創作活動をしたベルリンに住んで11年。近著『百年の散歩』でベルリンの町を描いた。ナボコフ同様、多言語による言葉遊びも多和田さんの特徴だ。「移民作家は言葉遊びを重要だと感じてしまう。ベルリンは多言語の町。いろんな言葉が聞こえ文字が見える。全部理解するのは無理。(近著は)記憶をたどる旅なのかも」と多和田さん。「移民が流れ込み出て行くのがベルリンの歴史。入れないという選択肢はない」とも。

 ドイツ語でも創作し、長編『雪の練習生』を自らドイツ語に訳した多和田さん。「同じ内容だがリメイクのようでもある。自覚的に言語について考えた」。この独版から英訳とイタリア語訳も出た。沼野教授はナボコフの自作の英訳やロシア語原典からの邦訳について触れ、「多和田さんも日本語原典からの訳が出れば面白い」と話した。

 「コレクション」の第2回配本は来年2月、以後は2、3カ月おきに刊行。(編集委員・吉村千彰)

関連記事

ページトップへ戻る