「一期一会の出会いを手助け」 本の帯創作コンクール・表彰式

2017年11月26日

井原舞陽さんによる『レシピにたくした料理人の夢』(汐文社)の帯

 小学生が児童書の表紙に巻く「帯」をデザインする第13回大阪こども「本の帯創作コンクール」(大阪読書推進会、朝日新聞大阪本社主催)の表彰式が11日、大阪市で開かれた。入賞者104人のうち91人が出席。会場では子どもたちが作った色とりどりの作品も展示された。
 今回は全国12都府県の297小学校とパリの日本人学校1校が計1万2841点を応募。式では入賞者を代表し、大阪府池田市立神田小6年の井原舞陽さんが「誰かと本の一期一会の出会いを手助けできたらいいなと思って帯を考えました」とあいさつした。
 絵本作家の長谷川義史さんによる読み聞かせや、その場で模造紙に絵を描く絵本ライブもあった。子どもたちの作った帯を見て感動したという長谷川さん。「みんなが本から受け取ったメッセージがぎゅっと凝縮されていて、ほんまに良かった。工夫して描いてくれてありがとう」と語りかけていた。(山根久美子)

関連記事

ページトップへ戻る