日本のメイドカルチャー史

2017年12月03日

 久我真樹著『日本のメイドカルチャー史』(上・下)が星海社から出た。著者はメイド研究の第一人者で、本書執筆に6年費やしたという。1970年代の児童文学と少女漫画、90年代の制服・コスプレブーム、2000年代のメイド喫茶など、時代の流行とメイドの関連を克明に調査。文化の中のメイド像の変遷を詳しく紹介する。イラストは武内崇。上・2700円、下・3780円。

関連記事

ページトップへ戻る